岸井ゆきの父親は、普通の一般人である、俳優の古谷隆太能ではないらしい。

岸井ゆきのさんなんですけど、いわゆる中年男性といいますか、お父さん世代に人気あるみたいですね。小柄で若くみえるというのもありますけど、我が子のようにみえてしまうような自然体なんでしょうね。それでは岸井ゆきのさんの父親について深掘りしていきたいと思います。

岸井ゆきのプロフィール

岸井ゆきの     きしいゆきの

生年月日は1992年2月11日 年齢26歳です。(2018年時点)

血液型はAB型で水瓶座

出身地は神奈川県秦野市南が丘

身長は148.5センチ

出身高校は秦野総合高等学校

高校生の時に電車に乗っているときに、なんと山の手線にのっているときにスカウトされたそうですね。

だまされなくてよかったですねぇ。

所属事務所はユマニテです。

他の所属有名人は樋口可南子さんや東出昌大さんもいるということなんで、有名どころなんですね。

岸井ゆきのの父親は俳優古谷隆太ではなく一般人の可能性が高い

岸井ゆきのさんの父親は俳優の古谷龍太だと言う噂がありますけれどもどうやらこれは間違いのようですね。

岸井ゆきのさんの真の父親情報は不明ですが一般人の可能性が高いようです。

中でも岸井ゆきのさんの父親が俳優の古屋隆太さんとの一部情報がありますが、それは間違いです。

古屋隆太さんはインタビューで息子さんの存在を明かしています。

一緒に出演された演劇は、東日本大地震の背景にあるということなんですね、その時は、古屋さんは、息子さんと奥さんと3人でいたということなんですね。

父親となぜ間違われたのかというと、3人で映った画像なんですけど、両親役の石橋けいさんと古谷隆太さんと岸井ゆきのさんが3ショットで映っているんですね。これがなんとも親子感が出まくっているんですね。

2012年こまばアゴラ劇場で演じた あの山の稜線が崩れてゆく で共演していました。その時の父親役が古屋隆太さんで母親役が石橋けいさんでした。

友達のパパが好きという映画作品では、岸井ゆきのさんが女子大生役で友達のお父さんを好きになるという役柄だったんですけど、その役柄の吹越満さんのことを好きになってしまうんですね。

吹越満もお父さん疑惑がでてもいいのですけど、こっちのほうは疑惑はなかったんですね。

古谷隆太さんも吹越満さんも演技の中での父親ですので、本物のお父さんではないですよね。こういった娘役から、派生して本当の家族と結び付けられてしまうこともよくあることです。

■岸井ゆきのの父親は■
岸井ゆきのの父親は一般人であるらしい。
古谷隆太さんが父親であるというのはガセの噂だった

岸井ゆきのが父親や家族について語ったインタビュー抜粋

インタビュー抜粋その1

 —岸井さんは家族との付き合い方ってどうでしょう?

岸井:私は、家族にはあんまり言いたいことを伝えられない方だと思います。家族に理想を求めているようなところがあって。親の前ではいい子でいたいという意識があったり。
CINRA.NETより引用

インタビュー抜粋その2

岸井:私は、ずっといい子でいようと思っていました。

両親も私のことをいい子だって考えてくれているだろうし。家族という近しい間柄でも、それぞれを個人として捉える家族で、海外旅行に行く時も自腹だったんですよ。

ー海外って、どこに行ったんですか?

岸井:フランスに行くために25万円くらい、時給800円のバイトで貯めて…。
岸井:だから、ある意味独立心が強いというか、他人が近くにいないとダメになってしまう関係性みたいなものがよくわからないんです。
HOUYHNHNMより引用

バイトでお金をためて海外旅行にいこうとしていたんですね。

海外旅行はバイトしていくということは普通の家なんですね、決してお金持ちなんではないですね。

 

インタビュー抜粋その3

実際の父親との関係については、「すごく仲がいいんです!一緒に食事に行ったり、父は釣りがとても好きなので、船に乗って釣りにいったりします。釣った魚を家で料理してくれて、家族で食べたりするんですよ。楽しい関係です。」と嬉しそうに話す。
dmenu 映画より引用

お父さんの顔出しはしていないため、画像はありません。想像ですが、他の一般家庭よりは自由にさせてもらえた半面、自分に責任がかかってくる、子供時代だったかもしれませんね。

お父さんとは仲がいいみたいですね。

 

岸井ゆきのは童顔ゆえゆえに若く見られたり歳したり見られたりして役柄に幅広い

NHKの朝ドラのまんぷくに出演しているんですね、その時は、14歳の役柄にも関わらずになんと当時は26歳だったんですね。

サントリーの角ハイボールのCMなんかにもでていたんですよね、井川遥さんなんかが歴代で出ていてすごいですね。

おとうさんありがとうっていうセルフがかわいいということで、おじさま世代に人気なんですね。

西田敏行さんが良い子だね。っていうCMなんですけど、西田敏行はお父さんにしては、年が上すぎるんではないでしょうか。

当時がなんと21歳ころなんですけど、なんと未成年がハイボールなんて飲んでいいのですかって感じですね。

まんぷく出演やハイボールのCMなどに出演し、いい娘感のある岸井ゆきのさんは、、ちょうど親の世代のお父さんのような男性から人気を得ていると考えられます。

■岸井ゆきのさんは童顔で未成年に間違われる■
童顔ゆえに高校生の役柄もこなしたりする。

岸井ゆきの父親まとめ

噂で言われていた、俳優の古谷隆太さんは父親ではありません。

岸井ゆきのさんは表立って父親のことを語っていないため、その多くは謎です。

両親の前では良い子でいるという岸井ゆきのさん。家族旅行の費用は自分で稼ぐハングリーな環境で育つも、父親とは「楽しい関係」と言い切るほど、良好な関係なんですね

岸井ゆきのがダウン症?

岸井ゆきのさんがダウン症であるとか言う噂が広まっているようですけれどもそれは違うようです。

結論から岸井ゆきのがダウン症ではありませんね

顔の輪郭の感じなどからどうしてもダウン症と間違われてしまうのではないでしょうか。

岸井ゆきのの目がぱっちり二重であることと、少し吊り上がっているということからダウン症疑惑が浮上したようです。

顔の雰囲気がそうさせたということもあるんですけど、ちょっとあんまりですね。

また、器械体操を小さい頃からしていた関係で筋肉質なのか身長がやや低めなのでその体形からも発達障害を疑われてしまったのかもしれませんね。

背が低い方が機械体操には有利なんですけどね。

器械体操をやっていたのでバク転や宙返りなどもやっていたそうです。

岸井ゆきのの場合は恐らく小さい頃から激しい運動により筋肉がついて背が伸びなかっただけで発達障害などは関係ないと思われます。

身長は低いということは本人さんもきにしているのかもしれませんね。とある週刊女性では、首の猫背をなおしたら、身長が150センチになったといっているんですね。整体かジムにいったんでしょうか。わかりませんし、本当に身長がのびたのかはわかりませんが、不思議ですね。

きっと整体かなにかで背骨や首の骨をまっすぐに矯正したのでしょうね。人間は背筋がのびれば身長は

伸びるっていいますね。きっとそんな関係で身長は高くなったものと思われますね。

■岸井ゆきのはダウン症ではない■
岸井ゆきのは、ダウン症と間違われる、小さくて筋肉質な体形もよく間違われるのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!