佐々木健介の引退理由は後輩いじめが原因で、性格が悪いという噂は本当か。

人気タレントの佐々木健介さんですが、プロレスラー時代の仕事仲間からは評判が悪い人物という意外な一面もあります。

テレビのタレントとして出ているときには気弱な旦那を演じているように思いますが実際にはプロレスのトレーニングとかをしているときには違う顔が見せているといいます。では実際の佐々木健介さんはどんな素顔見せるのでしょうか。実際には後輩や下の人間をいじめていたと言う証言が数多くあります。

この記事では、佐々木健介さんの性格やプロレス引退理由、嫁の北斗晶さんとの結婚や子供(息子)、そして現在の様子を詳しくまとめました。

 

佐々木健介のプロフィールは

名前:佐々木健介(ささき けんすけ)
生年月日:1966年8月4日
出身地:福岡県福岡市博多区
最終学歴:東福岡高校卒業

 

 

佐々木健介は、小さいころから、実父から壮絶な暴力を受けていた

 

 

なんと佐々木健介の父親は、金融関係の仕事をしていたんですね。いわゆる半グレといわれるような人間であったのではないかとかんがえられますけど、たしかではないですね。

また健介の父親は、機嫌が悪いと暴力をふるう癖がああったために家族は暴力をたびたび受けていたということなんですね。そのため健介は幼いころから日常的に暴力をふるわれていたんですね。

健吉さんのDVは、殴る蹴るの暴力には留まらずに熱湯をかけるといった虐待行為まであったせいで、幼少期の佐々木さんは、家を飛び出して近所の雑貨屋に逃げることも多かったと言われております。

 

雑貨屋の店主の男性は、父親の暴力から逃げ出して来た佐々木さんを優しく保護してくれた好人物でした。

 

しかしながら、世間体の悪さを感じた健吉さんから「雑貨屋にはもう行くな」と叱られた佐々木さんが言いつけを守って足を運べないでいる間に、男性は店を閉めてどこかへ引っ越してしまったそうですね。

 

その後、健吉さんの暴力に対抗するために、小学2年時から町の柔道道場に通い始めた佐々木さんは、スポーツの名門・東福岡高校に推薦入学するほどの選手に成長しますが、武道で鍛えた肉体で父親に復讐することはありませんでした。プロレスラーとして活躍する佐々木健介さんは練習のときのしごきが体罰がすごすぎて死ぬまで出たといいますそこまでしてすごい練習をしてきたのでかなりの評判が悪悪いレスラーとして君臨してしまっています。しかし後輩に対する暴力やいじめはその原因は父親からの暴力にあったと言うことが言えるのではかもしれません。佐々木健介の歪んだような子後輩のいじめと言うような出来事はもしかしたら父親のこうした暴力が原因だったのかもしれません。

父親が自殺してしまうと言う出来事まで起こってしまいます。

佐々木健介の父親は借金苦で自殺していた

 

 

高校を卒業後はプロレスラーを目指し上京した佐々木さんでしたが、20代前半の頃に、母・光子さんが実家から逃げ出し、身を寄せて来るといった騒動が起こりました。

 

光子さんが実家から逃げ出して来た背景には、DV問題の他にも、当時の健吉さんが知人に騙されて借金を背負い火の車状態だったという事情もあったようですね。

 

当然ながら佐々木さんの元には、健吉さんから仲介役を依頼する電話があったものの、母親の身を案じた佐々木さんは断っています。

 

その数日後に健吉さんは自殺しておりますが、父親に対する情は残っていた佐々木さんにとっては、生涯のトラウマになる出来事となりました。

 

いくら暴力を振るわれた父親とは言え自殺をしてしまうと言うショッキングな出来事は佐々木健介のその後の人生にも少なからず影響を及ぼしたんではないでしょうか。新日本プロレスのトレーナーとしていじめはずい分がひどかったと言う原因は父親が自殺してしまったと言うこともトラウマとして少なからずはあるのではないかと思われます

佐々木健介、新日本プロレスの人気プロレスラーとして活躍していた頃

 

 

プロレスラー時代の佐々木健介さんは、主に「新日本プロレス」で活躍することとなり、武藤敬司さんら「闘魂三銃士」と並ぶスター選手でした。

 

しかしながら、師匠に当たる長州力さんの誘いを受けて「WJプロレス」に移籍した2002年以降は、同団体の経営状況の悪さも手伝い、佐々木さんのプロレス活動も低迷することにもなりました。

 

その後はプロレス界のメインストリームから外れてしまった佐々木さんでしたが、妻である北斗晶さんと共にタレントとして人気を博すなど、セカンドキャリアには大成功しております。父親からの暴力や父親の自殺といったトラウマからプロレスラーとして成功することによって解放されたかのように思いますけれども実際はそうではなかったのかもしれません。確かにレスラーとしては成功しましたしかし同じレスラーどうしよう後輩たちからはよくは思われていなかったようです。

■佐々木健介の新日本プロレス時代■
人気レスラーであったが、後輩たちからはよく思われていなかった

佐々木健介は性格が悪いという評判、練習生をしごきやいじめで殺した

出典:https://img.cinematoday.jp

 

佐々木健介さんといえば、テレビ番組などではいつもニコニコした人の好いキャラでお馴染みですが、プロレスラー時代には後輩イジメで知られた存在だったようですね。

 

佐々木さんが後輩イジメに明け暮れていたのは、主に「新日本プロレス」の道場長時代だったと言われております。

 

 

佐々木さんのイジメ被害者として有名な存在には、現在の「新日本プロレス」の看板レスラーの1人であるスイーツなんかで超有名な真壁刀義さんもいます。

 

柔道やレスリング経験者が多かった当時のプロレス界では異端児である学生プロレス出身だった真壁さんは、佐々木さんから目の敵にされてしまうこととなり、膝を怪我した状況なのにスクワットを強要されたことまでありました。

 

当然ながらスクワットをこなせなかった真壁刀義は鉄拳制裁として佐々木さんから殴られてしまうというようなことがあったということなんですね。

 

道場長時代の佐々木さんの横暴ぶりには証言が多く、指導を受けた後輩のほとんどが理不尽な暴力に苦しめられたことをカミングアウトしています。

 

その時に練習生だった中西学、永田裕志、小島聡、天山広吉、安田忠夫は健介のシゴキを受けたと告白し、安田忠夫はインタビューで「当時新日本の合宿所にいた人間で佐々木さんのことを好きな人間は誰もいないです」と述べた。

引用:弟子の死亡事故も 佐々木健介の常軌を逸したシゴキ

そんなにいじめを起こすのであれば誰も人がついてくるわけがありませんね。

ちなみに、「WJプロレス」で失敗した後の佐々木さんが「新日本プロレス」に出戻り出来なかった原因には、道場長時代のイジメのせいで、当時の主力世代に成長していた後輩たちから総スカンを食らっていたせいとの噂があります。

ここでも子供の頃から父親に虐待されていたと言うことが裏目に出てるような出来事が起こっているような気がします自分がされてきたような虐待をどうしても自分の後輩や自分が教えるプロレスラーに対して虐待やいじめのような態度をとってしまったのではないでしょうか。自分がやられてきたことをそのままやってしまったと言うような裏目に出るような行為をしてしまったのは良くないかも知れませんけれどもこれは佐々木健介だけを責めていいものかどうかなかなか難しいところでは無いでしょうか。

佐々木健介はしごきでプロレスの練習生を死なせていた。

 

出典:https://d1x0dndjbjw02n.cloudfront.net

 

「新日本プロレス」の道場長時代の佐々木健介さんは、「練習中の死亡事故に関わっていたのではないか?」との疑惑まで存在します。

 

問題となる事故が起こったのは、1995年1月だったそうで、当時22歳となる練習生の男性が道場でのスパーリング中にスープレックスの受け身を取りそこない、脳挫傷で亡くなってしまいました。

 

この不幸な出来事に関しては、ハードな練習にへとへとになっていた練習生に対して「やる気がない!」と激怒した佐々木さんが、制裁として危険な角度からのスープレックスをかけ続けたせいで起こった事故との噂が、プロレスファンの間で流れていた時期もありました。

 

これは警察の調べで「練習中の事故」として処理されたが、日本でも活躍した米プロレスのスーパースターのクリス・ベノワ(故人)は自伝の中で「あれは殺人事件だった」と断言。伝聞ながら「危険なスープレックスを何度も繰り返し、危険な角度で頭から落としていた。悲惨な状況だったらしい」と記し、

名前を伏せながらも「殺人容疑者が罰せられることもなく、超のつくほどの有名人になっている」と健介を告発している。

引用:元弟子が暴行を決死の告発…プロレスラー・佐々木健介のウラの顔

 

しかしながら、こちらの噂はさすがに都市伝説レベルのデマだったそうで、事故に居合わせた関係者の証言では、佐々木さんはコーチとして当該スパーリングを見守っていただけだったというような証言もたしかに残っています。

しかし、その時に指導して指示を出していたのは、佐々木健介です、彼に責任がないとは決していいきれないですね。

 

厳しいトレーニング鬼のような厳しい指導で知られた佐々木健介にとっても確かに指導に対して熱心であったのかもしれませんけれどもそれにしても死んでしまうというのは度が過ぎたのではないでしょうか。幼い頃父親から受けた虐待が1同じように自分がトレーニングする弟子や後輩にもやってしまっていたのではないでしょうか。それでもやりすぎてしまって脂肪をさせてしまうと言うのは良くないとしか言いようがありません。

■佐々木健介は後輩の指導中に死亡事故を起こしている■
佐々木健介は後輩をいじめていた
鬼のようないきすぎたトレーニングで死亡事故を起こしている。

佐々木健介は、弟子の西川潤の告発で、シゴキや暴力事件があかるみにでた。

なんとも今までの流れからいって、佐々木健介ってショッキングな内容が多いですね。あんなに温厚な人柄のはずだったのにとか思った人も少なからずにいるのではないかと思いますね。

佐々木健介、2013年9月に元弟子である西川から告発される

「WJプロレス」退団後は、マネジメント会社「健介オフィス」を立ち上げ、タレント活動の傍らで「ダイヤモンド・リング」というプロレス興行を主催していた佐々木健介さんですが、2013年8月に、元弟子の西川潤さんから暴力行為を告発されています。

 

出典:https://i.ytimg.com

 

西川さんは幼少期よりプロレスラーに憧れていたため、学生時代からレスリング部に所属していた他、総合格闘家の佐藤ルミナさんのジムに通いブラジリアン柔術まで学んでいた本格派でした。

 

そんな西川さんは、2009年3月より「健介オフィス」に入門していますが、同年の12月になると、スパーリング中に先輩レスラーから受けた投げ技の受け身を取りそこなってしまい、動けなくなるといった危険な状況に陥ります。

 

本来ならば救急車を呼ぶ場面ですが、佐々木さんは「立てコラ!骨が折れてるわけじゃねぇんだから、やれ!」と激昂し、西川さんの髪を掴んで強引に立ち上がらせると、投げ技を10連発繰り返すといった暴挙に出たそうですね。

 

先輩レスラーと佐々木さんの投げ技のどちらが致命傷となったのかは分かりませんが、この時の騒動が原因で西川さんは背骨を圧迫骨折してしまいました。

 

その後、怪我から復帰して「ダイヤモンド・リング」のリングに立ち、プロレスデビューを飾ることが出来た西川さんでしたが、2011年になると、再び佐々木さんの暴力の被害者となっております。

 

試合の前にTシャツなどの売店を準備しているのですけど、そんな売店準備とかの作業をしている最中にもいきなり、殴られたり、けられたりといった暴力行為を行っていたということでひどいとしかいいようのないことを健介は平気でやっていたんですね。

 

出典:https://yumeijinhensachi.com

 

佐々木さんのあまりに理不尽な暴力行為は、すぐに妻であり「健介オフィス」社長である北斗晶さんの耳にも入ることになりましたが、北斗さんは鬼嫁であるので夫に制裁するのではなく、西川さんを逆

にしかりつけたということですね、佐々木健介が悪いだけでなく、鬼嫁もなんとこの健介の味方であった可能性さえ浮上していきますね。

佐々木健介の現在は借金だらけでやばい、北斗晶の乳がん闘病でジリ貧に

夜中に道場に着いた西川は事務所社長を務める北斗に呼び出され「ここに白いマグカップがあるだろ?でもな、先輩が黒って言えば黒だし、黄色と言えば黄色だぞ」 「先輩の言うことは絶対の世界だから、先輩に逆らうようなことはするなよ」 と言い含められたという。

引用:元弟子が暴行を決死の告発…プロレスラー・佐々木健介のウラの顔

なんと健介のいじめや虐待疑惑には、北斗晶もグルでやっていたと思われてもしかたないのではないですか。

 

この一件が決定打となり佐々木さん夫妻に嫌気がさした西川さんは、2011年9月になると「健介オフィス」から退団していますが、現役は続行するつもりだったのにも関わらず、引退するとのリリースを流されるなど嫌がらせも受けています。

 

この約半年後、西川は健介オフィスを退団する。現役続行を希望していた西川だが、健介オフィスは引退発表してしまうマスコミ各社もそれにならって「本人の意思で引退」と報道した。当時、北斗も西川の退団について「昨日付けで新人の西川潤が引退しました」とブログでハッキリ記している。だが、西川に引退しいないなんと現在も彼は現役プロレスラーとして活動している

いじめて虐待した上に勝ってに引退したと宣言されてしまう、どこからこんな非人間的な行為ができるエネルギーがでてくるのでしょうか。

なんか若手をこんな風に追い込むなんてなんて非人間なんだろうとか思ってしまいますね、そんなに佐々木健介とはひどい人だったんだとか思いますね。

 

佐々木健介の元弟子のブログ削除で暴力事件は終わってしまう。

 

出典:https://grapee.jp

 

元弟子・西川潤さんにより衝撃的な告発をされた佐々木健介さんですが、ネットのプロレスファンたちの間では想定内との反応が多かったようですね。

佐々木健介は昔から後輩イジメでは定評のあるお方。西川潤に対する理不尽な暴行も、プロレスファンなら想定内の範囲といえる。健介・北斗晶夫妻については、エピソードには事欠かないと思いますね。

西川さんによる佐々木さん告発騒動は、ゴシップ誌などにも取り上げられるといった広がりを見せていたため、このまま行くと佐々木さんのタレント活動にも赤信号が灯る可能性もありました。

しかしながら、2013年の9月上旬にはなんと西川潤さんがブログでいままでの健介夫妻のいじめや悪行

をかいていたのに、健介オフィスが勝ってにブログを削除するという、著作権の問題にもなってしまうのではないかと思われるような行為までやってしまうのですね。

 

ブログ消滅以降の西川さんは姿見せることもなく消息不明となってしまっていたため、佐々木健介や北斗晶に消されてしまったか、金にモノを言わせて黙るように仕向けられたのではないかというような

ひどい噂がながれるまでになってしまいます。

佐々木健介、2014年2月にプロレスラーを引退は、いじめや暴力事件と関係している

 

出典:http://miruhon.net

 

佐々木健介さんは、2014年2月になるとプロレスラーを引退しております。

 

佐々木さんのプロレス引退理由については、同年の2月に行われた「ダイヤモンド・リング」の試合にて弟子・中嶋勝彦さんに敗れた際に、悔しさよりも嬉しさが先立ってしまったことで、プロレスラーとしての闘争心がなくなったと感じたことが原因だったようですね。

 

引退を決意したのは、先日の師弟対決だといい、佐々木は「勝彦の試合で負けたとき、うれしかった。あいつはどんなきつい練習も頑張ってきた。一緒に乗り越えてきた。その男が、佐々木健介に勝った。めちゃくちゃうれしかった」と、一番弟子の“親父超え”を感慨深げに振り返った。

その一方で、「でも、昔の俺だったら、悔しがっていたと思う。負けてうれしかったということが頭をよぎったとき、佐々木健介というプロレスラーは終わったなと思いました」と、淡々とした口調で語った。

引用:佐々木健介、現役引退を正式発表「思い残すことは何もない」

一番弟子と言ってもいい中島勝彦に負けてしまったのが引退の原因なんでしょうね、と片付けてしまいたいところですが、そうでもないようですね。

後輩への虐待が問題になってしまって居場所がなくなっていられなくなったというのが本当の理由でしょうね。しかも、この弟子の中島勝彦も一緒になって佐々木健介のいじめに加担していたという疑惑があります。

一番弟子である中島勝彦も加害者である可能性は捨てきれないものであると考えられます。

 

佐々木健介、引退には元弟子の暴力事件が関係していた?

 

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

一見すると素晴らしい美談で幕を閉じた感のある佐々木健介さんのプロレス人生ですが、業界の恒例である引退試合すら行わずに引退したことに対しては訝しむ声もあります。

 

西川潤さんが告発ブログの中で「(佐々木健介は)プロレスラーを名乗らないでください」と主張していたことから、プロレスファンの間には、佐々木さんの引退と西川さんの告発騒動を絡めて考える人間も少なくないようですね。

 

とはいえ、佐々木さんがプロレスラーを引退する条件で西川さんとの間に示談が成立したのか否かの問題については不明となっております。

 

佐々木健介といえば、新日本では看板レスラーでしたが、いじめのうわさが絶えない評判の悪い人物だったんですね。

そのため、北斗さんの闘病生活が始まったことで夫婦セット売りが出来なくなり、芸能関連の仕事が激減してしまった際には、佐々木家の家計もかなりの苦境に陥りました。

 

弱り切った佐々木さんは、「仕事をお願いします」と頭を下げて関係各所を回ったらしいのですが、夫婦セット売りが出来ない佐々木さんに仕事をくれるテレビ関係者もほとんどいなかったとか。

西川さんに対しての非道な行いは当然のことで許されるものではないです。それ相応の罰を受けてもらいたいもんですが、逃げるように引退してしまった健介は最低としかいいようがないですね

佐々木健介、現在はタレントとしても売れず北斗晶に食わしてもらっている

 

出典:https://www.imgrumweb.com

現在はタレントとして活動する佐々木健介さんですが、ただニコニコしているだけでトーク力もさほどないため露出はありません。

一方、タレントとして大活躍する嫁の北斗晶さんは億単位の収入があるそうで、プロレス引退後は完全にヒモ状態となったのでした。

佐々木健介引退ってマジか。北斗のヒモとして生きて行く決意が固まったんだなとか言われてます。

後輩をいじめまわしていた悪い行いのつけがこういう形で回ってくるのですね。プロレス以外に大した能力も持ってないので引退してしまってはなにもやることがないのでしょうね。

虐待やいじめとかプロレス界に存在しずらくなることを続けてしまった本人に問題があるんでしょうね。

藤田和之の現在は結婚して嫁はいる、セメント最強プロレスラーとして現役続行中。

佐々木健介の暴力のまとめ

佐々木健介は見た目とは裏腹に、後輩や弟子への行き過ぎたシゴキや練習生の死亡事故関与説など黒い噂が絶えない

佐々木健介は2014年2月にプロレスラーを引退、現在はタレントとして活動するも北斗晶のヒモ状態と揶揄されているという風

 

色々な噂のある佐々木健介さんですが、私生活の方では幸せな家庭を築いているようです、しかし、その陰にはいじめで死んでしまった後輩や、傷ついた後輩がたくさんいるということを忘れては欲しくないと思います。健介夫婦の悪行は一生きえることはないでしょう。

小川直也の現在はどうしてるの、不倫疑惑や道場で暴力事件をおこしたって本当

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!