松下幸之助の隠し子は三田佳子や江口克彦がいるということを検証した

そんな経営の神さまと崇められた、人なんですけどなんと婚外子が数人いるという噂もあるんですね。
妾を10人以上抱え込んでいて、それだけでも10人以上の婚外子がいても不思議ではないですね。
ただその中で認知されているのはなんと4人だけなんですね。
こんな偉大な人間なのに、なんという色を好むというか、好色なんでしょうね。
今回はそんな偉大な経営の神様の裏の顔について書いていきたいと思います。
実は女は、やりたい放題だったんですね。

松下幸之助は婚外子が山のようにいてまた、愛人も10人以上いた事実を検証

社会的に成功してお金ももっていてそんなすべてを手に入れた松下幸之助などのような人物は、妾いわゆる愛人をたくさん持っていたといわれていますが、ある意味しかたないのかもしれませんね。

大物の政治家やお笑い芸人など、たとえばビートたけしや志村けんさんなどもそうですね。

婚外子や愛人がいたとされていますね。

また、松下幸之助にも10人以上の愛人がいたということなんですね、ちなみに一度に10人は無理なんですよ。あたりまえか。おそらくは、通算で10人以上の妾がいたということなんであると思います。

大企業を背負うプレッシャーや経営することにたいするストレスなどがあるため、女性をたくさん囲うことで精神の安定を

得ていたのかもっしれないですね。偉大な成功者とはいえ、人知れずに苦悩や葛藤があったのかもしれません。

なんか愛人が複数いたとか言うとなんとハレンチなおっさんなんだとか思うかもしれませんが、きっと人知れず悩んでいたのかもしれませんね。

松下幸之助の結婚相手は井植むめの

 

松下幸之助の奥さんの名前は、井植むめのという人だったそうです、長男と長女の2人の子供に恵まれたそうです。

おしどり夫婦として知られていましたが、実際には、奥さんには、愛人の存在はバレまくっていたということなんですね。

長女の夫は、松下電機を次いで社長になったということなんですね。また長男は早くに亡くなってしまったようですね。

松下幸之助の婚外子は現在はどこにいるの?あの三田佳子が婚外子ってホント

松下幸之助の婚外子には、あの有名女優も疑惑がかかっているのです。

三田佳子さんは、女優として活躍していますけど、たびたび松下幸之助の婚外子ではないかと噂されているのですね。

年齢も三田佳子さんは70代ということで、婚外子だとしても年齢的にあうということなんですね。

色白の美人ということで、きっと愛人であったおかあさんも相当な美人であったのはないかと推測されます。

天下の松下の愛人であったとしても遜色なきほどの美人であったと考えられますね。

松下幸之助さんこれは相当な面食いであったことが予想されますね、まあそりゃ人間愛人にするなら、美男美女を選んで当然ですね。

江口克彦さんも婚外子の一人だった

PHP総合研究所・PHP研究所社長、

松下幸之助の近辺にいた人間の名前で江口や青山などの苗字の人間がいたということなんですね、愛人の名前であるのか子供の名前であるのかとかの確認は取れていないのですが、江口という名前は、松下幸之助界隈ではあの人しかいないのではないでしょうか。

20年以上もの間に松下幸之助さんの秘書をやっていた江口克彦さんが思い浮かびますね。

また、PHP総合研究所・PHP研究所社長なども務めており、松下幸之助さんの著書なども出版に携わっていましたね。

これは、うわさレベルですが、松下幸之助の婚外子は、松下の会社の社長もしくは重役などになっているという噂がたえないですね。

これぞまさしく親族で身を固めた家族経営なのかもしれませんね。

松下幸之助は4人の婚外子に遺産を相続したらしい、しかもその時に婚外子の名前が公表された

正妻の子の婿であった正治さんは、プライバシーの侵害はなはだしい日本の高額納税公示制度はおかしいと激怒していたということなんですね。いくら松下幸之助さんに、婚外子がたくさんいることが知られているとしても認知した子供の数や

名前まで公表するのはプライバシーの侵害ですね。なんと4人の婚外子は、数十億の遺産が相続されているということです。

あくまで認知された人だけだったので、もっとたくさんいたのではないかと言われていますね。

これは松下という社会的に信用のある立場にある人間だからこそ、婚外子の遺産相続を公にしてしまったのではないでしょうか。また相続する金額が高額だったので公表されてしまったのではないかと思われます。

京都の南禅寺別荘は、愛人を囲うための別荘として使われていた。

京都の南禅寺付近には、経済的に成功した人間の別荘が多数あるようですね。その中でもひときわ目立つのが松下幸之助

の別荘だそうですね。その別荘が実際は、松下幸之助さんが愛人を呼んで遊ぶための豪邸に使われていたということなんですね。

豪邸や別荘なんてどう使おうが人の自由なんですけど、要するに愛人にお金を使いまくっていたということがバレてしまいますね。

経営の神様とはいえ、もはや普通の人間と変わりません、惚れた女には、たくさんあるお金を使いまくっていたんだなということを証明するようなもんですね。

愛人をたくさん囲って婚外子がたくさんいてとなんか松下幸之助のイメージダウンしたような気もしますけど、そうでもないと思います。

資本主義の社会では成功して富や名声を得た証拠として愛人や婚外子が残ったと考えたら、そういう存在が昔の時代では

ステータスだったのではないでしょうか。

大企業の経営に疲れたり悩んだりしたときにそんな愛人や婚外子が意外にも支えになっていたのかもしれませんね。

柳井正ユニクロ社長の自宅は住所は渋谷区にある、ブラック企業の大豪邸は砂上の城

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!