貴乃花光司の息子、花田優一の嫁は、青山学院大学出身でミスキャンパスであるがなんと陣幕親方の娘

そんな相撲のライバル親方であった陣幕親方の娘さんは、青山学院大学のミスコンなんかにも出ていたほどの美人なんですね。花田優一さん自身は相撲とは何ら関係のないお仕事をやっていますのでいいかもしれませんが、もし優一さんが力士であったなら大変なことですね。

花田優一さんは靴職人という、なんとも地味な仕事されているんですけど、個人の職業選択の自由なので勝ってに地味とかいうのは大きなお世話かもしれませんね。

今回はそんな、花田優一さんのお嫁さんについて語っていきたいと思います。

 

貴乃花光司の息子、花田優一の嫁は矢木麻織香さんはなんとミス青学の才女で美人である。

貴乃花光司の息子である、花田優一さんの嫁は、なんと陣幕親方の娘さんなんですね、青山学院大学出身の才女なんですね。

お名前は、矢木麻織香さんといいます、なんと青山学院のミスコン出身で生まれは沖縄なんですね。

当然、ミスコンにでるくらいなんでかなりの美人さんです。

専門学校新入生の中でナンバー1を決めるミスコンなんかにも出ていて、最終審査までいった経験もあるそうなんですね。

ミスコンにばかりでているので、チャラい女の子では決してないようです、陣幕親方はやはり、大相撲の出身なんで、家柄は厳しく当然のことながら躾も厳しいようですね。育ちもいいということで礼儀正しい人柄であると評判であるみたいですね。

育ちも良く礼儀も正しいということで、青学時代には、成績も優秀で、学業奨励賞を受賞しているのですね。勉強もできる、人柄もいいし、美人であるという、まさに天は2物を与える、いや二物どころではないかもしれませんね。

世の中はこんな完璧な人間がいるなんて、不平等な世界ですね。

結婚はまだするかどうかはわかりません、いずれは結婚するかもしれませんが暖かく見守ってください。このように貴乃花親方は言っていましたが、その後に実際に当然のように結婚することになったのですね。

■花田優一さんは陣幕親方の娘と結婚■
貴乃花光司の息子、花田優一さんは、陣幕親方の娘、矢木麻織香さんと結婚した。
麻織香さんは、青山学院大出身で、ミスコンに出るほどの美人で勉強でも賞をとるくらいの優等生である。才色兼備な女性である。

貴乃花光司の息子、花田優一さんの出身学校や略歴は

本名 花田優一

1995年9月27日生まれ

タレント、靴職人

河野景子と貴乃花光司との間の長男

靴職人という職業なんですけど、相撲界の父親とは違う道を選んだということは意外でしたね、青山学院の中等部にいたのですが、卒業後に靴職人になるためにアメリカ留学したのですね、その後はイタリアにまでいってフィレンツエにて修行を3年間もしたのですね、その後に日本に帰国後に靴職人としてオーダーメイドの靴を製造しているのですね。

花田優一と矢木麻織香の出会いはなんと靴のセミナーだった

2人のなれそめなんですけど、一応は友人の紹介ということに表向きはなっているのかもしれませんが、その時花田優一さんは、高3の時で奥さんの麻織香さんは大学一年生の時だったそうですね。

年上女房ということでまるで貴乃花光司さんと似ていますね、貴乃花さんも河野景子さんとは年上の姉さん女房だったんですね。

花田優一さんはと麻織香さんは、2人とも青山学院同志ということもあってか意気投合したということもあるのですけど、

同じ靴のセミナーに参加していたのがきっかけで出会ったというのが詳しいなれそめなんですね、もちろんなんですが男性の花田さんのほうが、アタックし続けて交際に発展したということなんです。

そのいわゆる靴のセミナーってなんだよって思ってる人も多いのではないかと思いますが、この靴のセミナーはなんと花田優一さんが催したセミナーだそうで、自分のセミナーにたしかに、一目ぼれするくらいのタイプの女性がきてくれたら男性は嬉しいですね。

偶然出会ったところからお付き合いが始まったのは事実なのですが、このカップルは共通項があって青学出身であり、お二人ともに大相撲出身の父親をもっているという偶然では済まされないような運命的な共通点を持っていたんですね。

 

もちろん、イタリアに留学しているときは遠距離恋愛というこで、麻織香さんが青学を卒業したタイミングでの結婚だったようです。

ただ運命的な出会いではあるのですが、この2人の父親がライバル同士の相撲親方であるというところから結婚するのに

困難もあったようですね。

 

ライバル部屋同士、陣幕親方と貴乃花親方は問題はなかったの

2018年に相撲界は理事長選があって貴乃花一門と高砂一門の八角親方が激突ということになってしまいましたが、結局理事長は八角親方になりました。

八角親方は裏に手をまわしての理事選ということで勝利したということらしいのですが、悪しき習慣の多い相撲界を壊して新しい相撲をつくりたいと思っているまっすぐな性格の貴乃花にとっては、痛手だったのかもしれませんね。

しかも、花田優一さんの嫁である矢木麻織香さんの父陣幕親方は、高砂一門であるが故に八角部屋直属の親方ということで

ライバル関係のある親方であるということになってしまうのですね。しかし、ライバル関係であるから双方の親とも結婚を認めないということはないようですね。普段の関係と子供たちの結婚とは別であるという柔軟な姿勢を見せてくれたのはよいことではないでしょうか。

 

陣幕親方の略歴

 冨士乃真 司

 本名 矢木哲也 

 1960年11月6日生まれ

 千葉県出身

 身長181センチ体重147キロ

 元東前頭筆頭

性格は優しいようで、麻織香さんの結婚の時も温厚な対応を見せてくれたということです。現役の時は怪我が原因で引退したということで、貴乃花のような華麗な経歴ではなかったということなんですが、奥さんも一般人と結婚されていたということなんですけど、ミスコンに出るくらいの娘さんなんで遺伝子的にみてかなりの美人であると思われますね。

 

ライバル関係の親方同志の結婚なので隠していた

なんと最初は花田優一さんも結婚しているというこは公にはしていなかったということなんですね。

かの有名な黒柳徹子の徹子の部屋に出演したさいにも、こんなコメントを残しています。

徹子「ご自分の結婚なんてことはどうです?」

花田優一「まぁ、職業的にも特殊ですし、誰か自分を支えてくれる人と出会えた時には、しっかりと一緒に添い遂げたらなと思ってます」

この時に結婚していないようなコメントをしていながらも実際は、すでに結婚していたのですね。両家の父親が対立しているのですから、それに対して気を使っていたのかもしれませんね。

理事長選での対立やさらには、横綱日馬富士暴行問題で、貴乃花と理事長である八角親方とは火花を散らしているので気を使ったのでしょうね。

 

貴乃花親方は息子がライバル部屋の陣幕親方の娘と結婚を許した理由

ライバルの親方の娘と結婚するなんて我慢できなかったかもしれませんが、貴乃花は、角界のわるい習慣とか悪しき古き伝統のようなものが嫌いでありました。

かの貴乃花も若いころに、宮沢りえさんとの結婚するはずだったのが、親同士の中の悪さから壊されてしまったという経験を持っています。

親同士が仲が良くないから子供たちが自由に結婚できないという思いをかつて自分が味わった苦い経験をさせたくはなかったためであると考えられます。

プライバシーと普段の親同志の対立は別であるという貴乃花の柔軟な考え方のおかげで子供たちが不憫な思いをすることを避けられたのであればこんなにいいことはないですね。

貴乃花も、普段のプライバシーと相撲の問題は別であるとはっきりと明言していますので、本当にいい父親になったんだなと思いますね。

しかも、花田優一さんも麻織香さんも大相撲とはまったく関係のない世界にいるのだから親同士の抗争に巻き込まれたくはなかったでしょうね。

また陣幕親方のほうは、このようなコメントを残しています。

「(優一くんは)とっても素直で明るい、いい青年。(結婚に反対なんて)全くありません。むしろ、最初から応援していたくらいですから。家族全員でね。あちらの奥さん、景子さんとうちの家内も仲良くしています」
奥さんのほうの親にもこんなに好印象だったので、親同志がライバルとかいうのは関係なかったのかもしれませんね。

花田優一は現在は嫁とは離婚してしまっている

しかしながら、花田優一のマザコンがすごかったというのが離婚のまず一つ目の原因になるのだそうですね。

上記の写真を見る限りでは、河野景子さんにべったりですね、親子というよりはカップルかよって感じの写真なんですね。

しかも、お父さんの花田光司さんよりも、景子さんは優一君にべったりだったということなんですね。これは困ったもんですね。

しかも奥さんの麻織香さんが料理する時は、お母さんの景子さんに料理教えてもらえばいいとか言ったりしていたそうですね。また、風邪ひいたり病気したときは、優一さんは、お母さんにいちいち電話するほどだったそうですね。
またおかあさんの景子さんも、薬は飲ませているのとかを麻織香さんに連絡してきたらしいですね。ものすごい過保護なんですね。これは、奥さんもうんざりだったのではないでしょうか。

離婚の理由の決定打、花田優一の浮気が原因で離婚した。

やはり決定的な離婚の原因は、花田優一の浮気ではないでしょうか。

2018年の8月に写真週刊誌に六本木ヒルズに美女を連れてのお泊りが報道されてしまいます。

さすがの奥さんもこれには我慢しきれなかったのでしょうね。フライデーに激写されたことをきかっけに夫婦仲は急激に悪化して、その年の12月には離婚してしまいます。

 

離婚理由の番外編、貴乃花親方の長女と次女がいて、なんと優一はその妹たちとシスコンの関係にあった

優一さんにはなんと2人の妹さんがいるそうですね、しかもなんいうことかその2人の妹も溺愛しているんですね。マザコンであるのにさらに、シスコンでもあるということが噂されているのですね。

長女は2000年生まれで名前は、晏佳はるか さん

まだ結婚していた頃は、妹さんも未成年なんですね。

しかも、もうひとりの次女は2004年生まれで名前は、晃帆あきほさん優一の結婚当時の年齢は、13歳なんです。

そして、あろうことか高校生と中学生の妹といまだに

お風呂は、一緒に入っているんです。キスしたりしてるんです。などということを公の場で発言しているんですね。

なんかの犯罪に該当しないか心配な発言をしているのですけど、こんな調子では奥さんもうんざりしてしまいますね。

花田優一がシスコンであったということは十分な離婚原因であったと考えられますね。

■花田優一の離婚原因は■
花田優一さんは、母の河野景子さんとのマザコンが重症であったことが離婚原因のひとつである。
優一は当時未成年の妹が2人おり、重度のシスコンが離婚原因の一つとされている。
優一さんの美女との浮気が決定的な離婚原因である。

2020年現在は、花田優一は歌手デヴューもしている

離婚騒動や、それに付随してタレントの所属事務所を首になったりとか、靴の納期が遅れ気味であるとか、いろんな問題を抱えていた花田優一さんなんですけど、なんと今度は歌手デヴューしてしまうのですね。自分でなんと作った歌、純情を披露するんですね。これには、世間からは、結構歌うまいといういい評判を得ることができているようなんですね。清水翔太かよ、なんていう声もでているほどうまいそうなんですね。肩書とか親の職業にとらわれずに自由に自分のやりたいことをやっている、花田優一という人物にあこがれを抱く人は多いのではないのでしょうか。

これからもいろんな側面で活躍されることが多いのではないかと思いますね。

■花田優一の現在は■
離婚したり、タレント事務所をクビになったりといろいろあったが、2020年の現在はなんと歌手デヴューしており、タレントとし健在ぶりを発揮している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!