木下ほうかは結婚してない、実家は金持ちやで経歴は、吉本新喜劇出身って本当。

木下ほうかさんといえば、ドラマの昼顔などへの出ていることで、それまでは日本映画界の名脇役だったのですけど、

一気にブレイクしたイメージがありますね。映画にドラマに、バラエティにといろんなジャンルで活躍していますね。そんな俳優としてのブレイクしている木下ほうかさんについて深堀していきたいと思います。結婚とかはまだしていないくって、実は高校時代はヤンキーであったとも言われています。鹿児島県の知事とも似ていると言われていますね。それでは、木下ほうかさんについて調べていきますね。

木下ほうかの経歴について

木下ほうかという名前は本名であるということなんです。難しい漢字を使っているので外国人のような印象もうけますけど違うようですね。

本名 木下鳳華 ほうか

1964年1月24日生まれ

身長174cm
大阪府大東市生まれ

大阪府出身なんですね、身長は174センチと俳優としては可もなく不可もなくというような身長ですね。

お父さんが収入のいい家庭だったようです、いわゆる金持ちといわれるような家庭に生まれ育ったので結構いい暮らしをしていたようですね。

そのお父さんは一級建築士をしていたようです。そんな裕福な家柄ですから、家にはプールがあるようないい家庭に生まれ育ったのだそうです。

しかもですね、幼少期には、地域でも美少年ということで有名だったのです。通学途中に女の子に声を掛けられたりとかまた、年にい一度の美少年には持て囃されるイベントである、バレンタインデーでは、大量のチョコレートをもらったりしていたんだそうです。

そんな美少年としてもてはやされていたためか、自分に自信があったのでしょうね、16歳の時には映画のオーディションに、応募するのですね。その映画は井筒監督にガキ帝国という映画なんですね。

知る人ぞ知る有名な映画なんですけど、新聞広告から申し込んだそうです。もちろん合格して、俳優としての活動をスタートすることになったのです。

木下ほうかさんの高校はどこ

木下ほうかさんは、高校時代に俳優デビューしたということなんですが、大阪のどこの高校出身なんでしょうか、大阪府の大東市にある、野崎高校というところの出身なんだそうです。

偏差値はなんと40にもみたないということなんで、名門校とか進学校ではないようでありますが、木下さん自身は、本人曰く、元ヤンキーではありませんということなんですね。

しかしですね、木下さんの高校時代の髪型はなんとリーゼントなんですね。これにはヤンキーではなかったという告白は全く信憑性ないですね、なんだヤンキーじゃないかという感じですね。

当時はリーゼントやパーマが流行だったので、みんなやってたということなんですが、その発言から失礼ながらヤンキー高であったことが伺いしれます。

しかも、高校時代は、自身のバンドを結成していたということですね。実際にギターなどを演奏することができなかったのでボーカルをやっていたということなんです。

学園祭でバンドで演奏をしたときには、1000人もの観衆を集めることができたということなんで、結構な腕前であったことが伺いしれます。

木下ほうかの大学はどこだった

木下ほうかさんの大学は大阪芸術大学舞台芸術学科です。知る人ぞしる大阪では著名人がたくさん輩出している学校ですね。

大阪府南河内郡河南町というすこし都会からは外れたとこにあるんですね。私立の芸大ということで偏差値が決して高いわけではありません。

芸術学部として有名な日大芸術学部というところがあります。木下さんは本当はその日芸に行きたかったそうなんですが、日本大学といえば人気のある大学ではっきりいって狭き門となってしまっています。当然のことながら受験の偏差値も結構なもので60は超えてきます。ということで映画関係の仕事で俳優もできるような道を選ぶのなら、大阪芸大でもいいのではないかということで木下さんは、大阪芸術大学に進学したんですね。

また同大学に先輩として渡辺いっけいさんや筧利夫さんなどがいて、のちに有名な俳優になる人の関西の登竜門のような存在になっているんです。

木下さんは、大阪芸大を卒業後に吉本興業に就職します、そして吉本新喜劇の俳優として活躍するのです。ただ3年後に退団してしまうのです。

実際には吉本新喜劇でうまくはいかなかったのが原因のようですね。その後はガキ帝国でお世話になった井筒監督を頼るような形で東京にいくのでした。そしてプロデューサーや映画業界の関係者がいる飲み会などに顔を出すようにして、交流をして、顔を売ろうと努力するのです。

そのかいあってか、映画やドラマの名脇役としてのポジションを確立していくのです。そして俳優としてだけではなく、テレビやバラエティに出たりして活躍していくのです

木下ほうかは吉本新喜劇に所属していた時があった

上記で述べたように木下さんは吉本新喜劇に所属していたんですね。ただ吉本に入ったのですが別にお笑い芸人になりたいとか思ったことはないようです。

役者を目指したいたということもあり吉本新喜劇でもオーディションがあってそれに受けてみたところ合格したということなんです。

多数の応募の中でなんと合格者は10人ほどだったということで狭き門を合格することができたのですね。

吉本新喜劇の中で秀でることができなかったみたいで、3年後には退団してしまうのです。

そして東京の吉本に入りなおして上京して俳優としての道を心機一転で目指すのです。

その陰には島田紳助さんのアドバイスがあって俳優になりたいのであれば東京で目指すべきであると言われたのがきっかけであるそうです。

東京にいってからの木下ほうかさんは

東京に行ってから木下ほうかさんは仕事がなくってアルバイトによる生計を立てていました。そんな中、木下さんはお酒は弱かったのですが、業界の人と知り合いになるために、飲み会に参加していくために無理にでもお酒を飲む会に参加していたようです。

なれない名刺交換も頻繁にしていたということなんですね。自分を売り込むために名刺交換をやっていたというよりかは、有名なプロデューサーの名刺をもらいたいがために名刺交換をしていたそうですね。

その貰った名刺あてに手紙を送ったり自分のチラシを送ったりとかしていたそうです。

なんと一日に3回も飲み会に参加するなどして積極的に行動していたところ、とあるプロデューサーから返事がきたのだそうです。

木下ほうかさんはもう役者は無理ではないかと思ったことが何回もあったそうですが、26の時には会社の就職面接を受けたりもしていたそうです。1990年には木下ほうかさんが26歳の時、関西テレビのドラマ ドラマダス 学問ノススメ でドラマデビューすることができたのです。

次第に俳優としての仕事が増えていき、役者としてやっていけるようになったとのことなんですね。

木下ほうかさんが俳優としてブレイクする

木下ほうかさんは徐々にではありますが俳優としてブレイクしていきます。2014年7月、木下ほうかさんが50歳の時、昼顔~平日午後3時の恋人たちで妻に浮気される夫を演じて広く世の中に認知されることになりました。

話題となったドラマの昼顔も、業界の関係者の飲み会に顔をだしていたからこそ、木下さんに主演依頼があったとされていますね。

バラエティ番組の痛快テレビ、スカッとジャパンにでて、イヤミ課長がブレイクして話題になったりしました。

はっきりいって売れない時期がながかったこともあってか、突然にブレイクしたことに関して、木下ほうかさんはかなりとまどっているようですね。

しんどいなって思うことはあるようですね、外を歩いていてみんなに声をかけられるということはないようですが、突然の変化に他人の目がきになってしまうような、気の小さなところもあるようですね。意外や繊細な一面があるということですね。

 

             出典:news.mynavi.jp

ある時居酒屋にいたことがあってその時にイヤミ課長が飲んでいるということをtweetされたりしたことがあってきにしたりしたことがあるらしいです。

また某ホテルに泊まっているときは、ホテルの画像がツイッターでアップされたそうです。なんか監視されているいるような気分になってしんどい思いをしたことがあるということを吐露したりしていますね

 

木下ほうかの実家は金持ちで家族構成は

 

 

出典:ameblo

木下ほうかさんには、兄弟がいないのではないかと言われていますね、一人っ子であったのでしょうか、しかも家が裕福であったためにかなりいい暮らしができていたのではないかと思われますね。

お父さんがなんといっても一級建築士であったということなんで、お金持ちに生まれ育ったのでしょうね。

しかも、そんな一級建築士の父親がデザインしたであろう豪邸はなんとプール付きなのだそうです。自宅のベランダからは

大阪全体を見渡せるような見晴らしでものすごい絶景だそうです。大阪府の大東市にあるということで都心から少し離れたところあり結構な広さなのではないでしょうか。

 

木下ほうかは結婚しておらずに独身である

木下ほうかさんは実は2020年現在も独身であり結婚なさってはいないようですね。

木下ほうかさんは、別に独身を貫いているというわけではないようです、プロフィールには目標は父親になることということを書かれているので、実際に結婚したいと思っている節はあるみたいですね。

木下ほうかさんが、バラエティに出会っときに、マツコデラックスに結婚はしたいですということを語っていあっということです。

しかし木下さんは、結婚することよりも離婚することの恐怖のほうがこわいのだそうです。また、相手の両親にあうのが怖くて嫌なのだそうですね。

木下さんは有名な俳優として現在は一応ですがブレイクしているため、交際中の女性はいるみたいですね。40歳半ばの時に20歳前半の女性と交際していたこともあるそうです。交際はいつもそんなに長くは続くわけでないようで2年ほどくらいでいつも別れるようですね。

 

       出典:senju

結婚するために恋愛するのがしんどくなってきているともコメントしています。理想のタイプは活発な女性がすきだということです。

しかし、理想がお高いのかもしれませんが、いまだに独身であるということはお眼鏡にかなう女性がまだあらわれていないということですね。

 

木下ほうかは鹿児島県知事に似てる?

ネット界隈では、鹿児島県知事は木下ほうかに似ているということを言われていますね。上記ツイッターなんですがなんともよくにているじゃありませんか。鹿児島県知事は三反園訓ということなんです。

兄弟ではないかと邪推するくらい似ているのではないかと思いますね。鹿児島県出身で、ニュースステーションにおいて政治担当のキャスターの経験もあるのですね。キャスター経験もあるということ俳優に似ているということもあってかテレビに生える顔をしていますね。

2016年に鹿児島県知事に当選したのですが、結構な支持を受けて市民に受け入れられる形で当選したようですね。

それにしても、木下ほうかさんにそっくりですね。

木下ほうかはかつてヤンキーだったらしい

木下ほうかさんは、昔から美少年として有名だったことは先ほどお伝えしましたが、小学校のころからモテまくっていたということなんですね。当然のごとくバレンタインデーには、チョコレートなんか大量に貰っていあっとおいうことなんですね。

 

出典:twitter

なんという美少年なんでしょうか、どこの子役さんですかとか言ってしまいそうになります。

そんな、かわいい男の子なんですが今日から俺はばりに高校デビューかよって思ってしまうくらいのヤンキーに変身してしまうのですね。この写真にはびっくりしますね。

バイクにまたがって、バリバリのヤンキーじゃないですか、怖いですね。

      出典:yumeijinhensachi.com

美少年のかわいいぼうやがこんなことになってしまうのですね。なんという怖いことなんでしょうか。

青少年の非行を防止しなければならないです。とかのポスターになりそうですね。

木下ほうかさん曰く、つっぱりブームだったのでかっこだけヤンキーで毎日の生活は真面目であったということなんですけど、これはどう見ても真面目に生活していたとはいいがたいですね

 

木下ほうかのまとめ

今や人気俳優として活躍している木下ほうかさん、結婚はしておらず独身ということでこれから結婚の報道なんかもであるかもしれませんね。

ドラマ昼顔で世間に人気が広まっていますね。また元ヤンキーであった過去などもありますけど、さらなるブレイクに向けて頑張ってほしいと思います。

 

山田孝之の隠し子が存在するし、認知している、現在は母親はどうしてる。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!