天童よしみの出身地はどこ、珍島物語の歌詞から韓国人疑惑は、がせである

そんな、演歌歌手として大成功している天童よしみさんなんですが、天童よしみさんは韓国人ではないかと言われてしまっていますね、実際には韓国人ではないのですが、その体形や容姿などからどうしても韓国人に見えてしまうのですね。

しかも、天童さんの代表曲には、珍島物語という歌があるのですが、その歌詞の中にも韓国人ではないかと疑われる理由があるのですね。そんな天童さんの代表曲である珍島物語の歌詞も皆さんと一緒にみていきたいと思います。

 

天童よしみの年齢や略歴は

名前 天童よしみ てんどう よしみなんですけど、どう考えても芸名なんですね。

実際のシコ名ではなかった、本名は、吉田芳美さんというのですね。

よしだよしみさんってなんか平凡な名前ですね。
出身は和歌山県の田辺市なんですけど、大阪府は八尾の育ちなんですね。

1954年9月26日生まれということなんで、現在は還暦を超えているのですね。その体形や雰囲気からもっと若いのかとも思いましたが違いましたね。

大阪女子短期大学付属高校卒業であり、血液型はB型なんですね、4歳のころから大阪は八尾に引っ越してきたということでずっと大阪でくらしているということですね。

お父さんが歌が好きということもあってか小さなころからのど自慢の大会にでてきたということなんですね。

しかも、優勝することがほとんどであったということなんで、才能があったのでしょうね。

そんな時に日清ちびっこのど自慢なんていう大会に出場したことによって、レコード会社を紹介されて、いなかっぺ大将の

主題歌をうたうことになったんですね、だいちゃん数え唄なんですが、この曲でシングルレコードをだしてしまうのですね。1974年には、全日本歌謡選手権で10週連続で勝ち抜きを達成してしまい、グランドチャンピオンにまでなります。

作詞家の竹中労さんに、天から授かった童、という意味の天童よしみという芸名で歌手デビューを果すことになります。

風が吹くというタイトルのシングルが天童よしみ名義の初シングルなんですね。

その後、人気が出てくるまでなんと10年以上もの月日がかかるのですが、演歌歌手ということで有線放送から次第に人気がで始めます。

そして1993年に紅白歌合戦に初出場してから」一気にブレイクします。そして1996年の珍島物語は、大ヒットを記録します。

その後はなんと25回以上も紅白に出場するというすごい記録を打ち立てたのですね。いまや、日本の演歌界の最も有名な人の一人に数えられるのではないかと思われます。

 

天童よしみは、和歌山出身で韓国人ではありません

大物の歌手としての貫禄がある天童よしみさんなんですが、人気もでてくるにつれていろんな噂もでてきます、そんな天童よしみさんはなんと韓国人なんではないかとというような吹聴されているのですね。

天童よしみさんの顔なんですけど、なんともいえない日本人ばなれした人相なんですね、いってもいれば目が大変細いので韓国人ぽいといえばそうですね。

芸名なのに、変わった名前をしているのでなんか外国の人ではないかとかおもわれれているのかもしれないですね。

眼が細いとかそんな細かなことで韓国人とかいわれるのはすごいですね、韓国の人は目が細いとか思われれているのもあまりよくない風潮かもしれません。

天童よしみさんといえば日本の人であるという証明としては、和歌山県の田辺市の出身であるということがあげられます。

大阪人のイメージの強い天童よしみさんなんですけど、もともとは和歌山県の出身なんですね。4歳の時に和歌山から大阪に引っ越ししたのですが、父親はもともとバスの運転手をやっていたのですが、大阪のタクシー会社にいくことによって引っ越したそうです。

天童よしみの父親である吉田義行さんは、音楽好きであったということなんですね。歌やサックスを好きだったようで、子供のころから、よしみさんは夕食後に歌のレッスンをしていたということなんですね。

母親の名前は吉田筆子さんと言う人で、普通に日本人ですね、外国人であるとかということは決してないようですね。

韓国人であるというようなところは微塵もないですね、世の中の人はゴシップ好きであるのでなにか考え違いをしているようですね、まともな思考の人間はいないようですね。

 

珍島物語は大ヒットしたが、韓国人であることを彷彿とさせる雰囲気がでている

天童よしみさんがヒットした曲である珍島物語には歌詞が非常に印象的であって韓国のことを彷彿とさせるような歌詞があると言われています。

珍島とは朝鮮半島の西南半島にある島のことである、海割れがおこるようなことがある島と言われています。

韓国のことを言っているような歌詞があるんですね、朝鮮のことを統一することを願ったような歌詞ではないかというような深読みの歌詞が印象的ですね。

韓国の島で韓国のことを歌ったような歌詞なので天童よしみさんが韓国人なのではないかと思われているのですね。

ただ作詞も作曲もなんも関係ないので天童よしみさんは韓国のこととは全く関係ないものであると思われています。

この曲についても世間一般人の単なる深読みだったと思われますね。

珍島物語の歌詞の詳しい意味とは何

珍島物語が韓国にまつわる歌詞であるということで韓国出身なのではないかと疑われた天童よしみさんなんですけど、この珍島物語の作曲とか作詞には一切かかわってはいないということで韓国とはなんの縁もゆかりもないということなんですね。

ただ単に韓国の歌を歌っていたということで韓国人と決めつけてしまっているのはあまりいいことではないですね。こういう少しのことが噂となってしまって広がっていくのですね。

たんなる噂やデマであったということで、少しのことで噂を広げられてしまう芸能人って本当に大変なんだなと思いますね。

 

珍島物語には、朝鮮統一の意味がある

珍島物語には朝鮮半島の統一を意味した歌詞はあるというように言われていますが、その朝鮮統一とは違った別の解釈があるということなんですね。

珍島物語の歌詞の中には、海が2つに割れて島がつながる路ができるというような歌詞がでてきます。まるで十戒みたいですね。南北に分断された両国がひとつになるという願いがこめられているのでしょうけど、この思いが家族の再会も願うという意味でも表現されているようですね。

別々の場所で離れ離れになってしまった家族のの再会を願った歌という意味合いももっているのだそうですね。

神様のお力で家族が再開をはたすなんて素敵な話なんですね。いろんな事情はあって再開できない家族や愛する人と再会を果たすことを願った歌なんて本当に素晴らしい歌であると思いますね。

そんなことが表現されている歌詞の一部を紹介したいと思います。

霊登 ヨンドン サリの 願いはひとつ
散り散りになった 家族の出会い
ねえ わたしここで祈っているの
あなたとの愛よふたたびと

たしかにハングルの言葉も入ってはいますけど、もう一度家族と再会したいというような内容になっていますね。また再会したいということを神様に祈っているということを歌っている曲であるということはよくわかりますね。

遠くはなれても こころあたたかく
あなた信じて 暮らします
そうよいつの日か きっと会えますね
海の神様 カムサハムニダ

遠くに離れていても、きっと再会できることを信じています。海の神様が力を貸してくれると信じてきっと祈っていれば再会することができます。そんな愛情深い歌であるということはよくわかりますね。

天童よしみさんの歌は、その声量の大きさや、天童さんの素晴らしい歌唱力もさることながら、歌詞の内容もせつなくすばらしい内容になっているのですね。朝鮮半島の統一の歌であるかもしれませんが、家族愛や好きな人との再会を願う素敵な歌であることは間違いありません。

天童さんの歌がうまいだけではなく、歌の内容が素晴らしいということもこの曲がヒットした要因にあるのではないかと思われます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!