堺雅人は、早稲田大学出身で若いころはイケメンだが苦労が絶えなかった、後に大学中退している

倍返しという言葉がこのドラマでは印象的でしたが、すごかったですね。
2020年からは、なんと2が制作されて半沢ファンにはたまらないのではないでしょうか。
そんな堺雅人さんも若いころは、早稲田大学に通っていたということなんです。イケメンで頭がいいとは
本当にいうことなしですね。今回はそんな堺雅人さんの若いころ、大学時代にスポットをあててみたいと思います。

堺雅人の若いころは今よりもイケメンだった

    引用https://monokuro0210.com/sakaima

半沢直樹のブレイクで今や国民的俳優になったのではないかという堺雅人さんなんですが、もちろんのこと若い年代の人にも人気がありますね。結構年齢もいっているといっては失礼なんですが、堺さんといえば年齢は50歳目前のアラフィフですからね。

この画像を見る限りではかなりのイケメンですね、現在の堺さんといえば穏やかなにこやかな笑顔が印象的ですね、半笑いの顔をしていますけど、この若いころの画像はなんともキリっとしたりんとしたイメージです。とにかくかっこいいですね。

せっかく入ったという早稲田大学も中退してしまっているのですが、中退したというだけあって俳優としての活動をかなり頑張っていたようですね。

堺雅人さんといえばその演技のうまさがたしかであったために、チョイ役からの俳優人生のスタートだったにも関わらず、コツコツと地道にですが自分のステージをあげて有名俳優としてうれていったのですね。

独特の演技や少しへらへらしてるような笑顔の表情など、普通ぽくはないけどいい感じに存在感を醸し出してきて現在の地位を築いていってわけですね。

俳優仲間の先輩たちからも、ヘラヘラしてんじゃないよ、とか言われたことがあるらしいですけど、今現在ではそれが味になってきていますね。

堺雅人は、富田靖子と5年間交際していた


            引用Oricon

かつてのまだ売れていない時期なんですけど、堺雅人さんは、舞台で共演した富田靖子さんと交際が発覚したんですね。2001年にフライデーされたことで世間にバレてしまったんですけど、舞台での共演は、1998年なんですね、富田靖子さんは、ネームバリューあったんですけど、堺さんは当時はまだ無名に近い状態だったようで話題が遅れたんですね。

ということは、結構長い間の交際があったということなんですね。なんと5年間もの交際していたということですから、結婚もあった可能性がるということですね。

堺雅人さんが世間一般に知られるようになったきっかけといえば、2004年の新選組というドラマからですね、これは、いわずもがな大河ドラマなんで国民的に知られるきっかけとなったといっても過言ではないです。

堺さんと言えば、今の奥さんの菅野美穂さんもそうなんですけど、共演した女優さんを食いまくることでも知られています。いわゆる肉食系なんですね。多部未華子さんや新垣結衣さんといった有名どころも噂になるなどしています。最近亡くなった竹内結子さんとも噂になるなど浮名をながしまくってますね。

堺雅人さんは、昔から肉食男子でした

早稲田大学時代の劇団に所属していたころの堺さんの同僚たちの証言なんですけどね、彼女とかにしていたのは、役者仲間とか劇団の関係者とかとお付き合いしていたということです。

劇団のお客さんや追っかけの女の子には手をだすことなんかは一切なかったということです。ただ、肉食であることはかわりがないようで、みんなとの飲み会では女の話や下ネタなんかも多くてなかなかの女好きであったということなんですね。

好きな女性ができたりすると、あの子はかわいいよねとかは、仲間内でいったりするとかいうことはあったということですが、そんなことはよくある話ですね。

肉食系であったということなんですけど、結局は、よくモテルということですね。役者の仕事を放りだして女にばっかりいっていたということではなく、役者バカであることには変わりないようです。

舞台の公演中であると恋人が来てもそっけなくなり舞台の演技のほうに集中してしまうんだそうです.

堺くんは私よりも劇団や演技のほうに夢中で私の方を向いてくれないと言うふうに恋人が嘆いてたこともあると言うことで,かなりの演技に集中しすぎて夢中になりすぎるところがあってみたいです。

恋人にしてみればほったらかしにされて不安になってしまいますかある意味堺雅人さんが持っていると言うことになってしまうと言うエピソードですね。

交際するまではガツガツ行くん行くんですけれどもその後の釣った魚には餌を与えないと言うタイプなんでしょうかね。現在の奥さんである菅野美穂さんにはこういう事はないと思いますけれどもいくら堺雅人さんが女性が好きだと言ってもそれ以上に俳優の仕事や演技が好きだと言う事ですねいやー仕事熱心ではないですか。

ただ、そのころの堺さんは、女性とデートの途中なのにずっと読書ばかりしているなんてこともあったそうで、自分の好きなことをすることを追求する人だったのかもしれません。

まあ、お若いころから、かなりのモテ男だったということは事実のようでなによりですね。

売れっ子の堺雅人さんも若い頃は苦労が多かった

堺雅人さんは結構な苦労人のようで、あたりまえかもしれませんが、最初から今のような人気俳優ではなかったです。そして、収入がえられるようになるまで結構な時間が掛かっていたようです。両親からも心配されていたみたいで、母親から電話なんかで、きちんと食べていけているのかとかをよく聞かれていたということなんです。とくに野菜とか食べているのか栄養は取れているのかと言ったこを聞かれていたということです。

お金がなかったのでなんとまあ、たんぽぽの花を食べていたことがあるということなんですね。

しかも、たんぽぽを実際に食べていたということで、案外旨かったなんてコメントを残しているくらいなんでガチで食っていたんですね。

また、堺さんも数々のアルバイトをしてきたようで、引っ越し屋やドーナッツ屋の販売員、コンビニや警備員、いろんなバイトをこなしてきているのですね。中には、絵画モデルなんてのもやっていたということで、しかもヌードモデルをやっていたんですね。相当なご苦労をしてきたようです。

きわめつけなのは、警備のバイトが暇であるから仕事中に読書をしていてなんとクビになったようですね。キャリアのあるビジネスマンの役である半沢直樹なんかは、バリバリの仕事ができる人を演じていたのに、当時は、なんとおどろくことに仕事のできないアルバイトだったようです。

ドーナツ屋では、つり銭が合わないなんてしょっちゅうだったようで、またシフトを無視して勝手に出勤してしまったりしたようです。

本当に普段の社会では仕事のできない人だったんですね、いわゆる芸能人に多い社会不適合者だったんですね

堺雅人は貧乏だったので売れて寿司が食えるようになりたかった

もちろんのこと若いころはお金がなかったので、貧乏な生活をしていました、当時の堺雅人さんにとっては、贅沢できるということが寿司を腹いっぱいに食べれるということとイコールであったと語っています。

寿司のチラシの写真なんかを自分の部屋の壁に貼り付けして、絶対に有名俳優になると決意したそうです。

そのために、アルバイトしながら俳優という過酷な道をえらんだということです。その後売れてやると絶対に誓っていたそうです。だからこそ、アルバイト生活という苦労人の生活を耐え抜いて売れっ子のスターになることができたんですね。

その後に、NHK朝ドラのオードリーをきっかけに大河ドラマに出るようになり人気を博しました。新選組や篤姫なんかは、有名ですね。

映画では、クライマーズハイ(日航機墜落事故の映)や、2010年のゴールデンスランバー、半沢直樹の香川照之さんとっ共演の鍵泥棒のメソッドなどが有名ですね。

大奥の映画化なんかにも出演して話題の映画にも多数出ています。主役からバイプレイヤーまで幅広くこなせています。

その後のドラマ、リーガルハイ、言わずと知れた半沢直樹で大ブレイク一躍国民的俳優になりました。

本当に貧乏役者時代の夢が叶ったのですね。

堺雅人は、小中学校時代は、運動オンチの少年

堺雅人さんは、神戸生まれなんですね、関西出身には見えない風貌なんで以外ですね。

その後は、なんとお父さんの都合で九州に引っ越しするのです、子供ころの幼稚園でお遊戯会などをやっていて、その時は

イソギンチャク役とかをやっていたということなんです、なんとその後に大俳優になる人が、そんなチョイ役なんて扱いがぞんざいですね。子供ながらにショックをうけていたということですが、そのショックも何十年後には考えられないような成功を収めることになるのです。

その後に宮崎県内の小学校に通うのですが、運動が苦手な少年であったということです。

宮崎私立国富小学校というところで少年野球に親に入らされる形で入団したんです。

運動不足を両親が心配しての配慮だったんですが、まったくといってほど運動できない少年だったらしく活躍はできなかったみたいですね。

その後の中学校では、野球はやらずに文化系の吹奏楽をしていたそうです、運動オンチであったためにしかたがなかったということなんです。

宮崎大学の付属中学校に入学ということで中学受験をしていたものと思われます。運動はできなかったみたいですが、勉強はできたようです。

 

堺雅人は、宮崎南高校の演劇部に所属していた

 

堺雅人さんは、宮崎大学の付属中学校から高校に進学せずに、宮崎南高校に進学します、この高校は結構な県内でも有名な

新学校みたいです。スポーツはいまいちな少年だったぶん、勉強はよくできたというのは本当のようです。

学校はなんと8限目まで授業があるという、勉強に熱心な新学校だったんですね。

そして、将来の夢や進路を決定づけるのは、高校の演劇部に入ったことによりますね。

将来は、有名俳優になるんだと息巻いて入部したわけではないです。勉強が厳しい生活ですから、なんか息抜きになればいいなと堺さんが考えて入ったのが演劇部なんですね。理由は、部員がほとんどいてないためにサボれるというものでした。

楽ができればよかったんですね。しかし、その後堺さんがこの演劇部に入ったことによって運命がかわるのです。堺さんが書いた演劇の脚本が認められて九州の大会までいくのでした。

いまでも宮崎南高校の学校紹介には、堺さんが演劇部の出身であることをアピールしているようです。

そのころから演技や俳優としての才能の片鱗があったということです。まあこの時は、堺さんがまさか大俳優になるとは考えもしなかったでしょうが。

 

 

堺雅人さんは東大受験していたが失敗、その後早稲田大学に合格

本当に東大受験していたかどうかはさだかではないのですが、堺さんは、官僚になるという高校時代の目標があったということなんですね。通産省の官僚になりたかったらしいです、あくまで噂レベルなんですが。

しかし、不合格の結果だったようで夢は叶わなかったようです。しかしながら勉強のできる堺さんなんで早稲田大学にはきっちり受かっていたようですね。

堺さんはもともと勉強はできるのですが数学が苦手なようで私立しか受からなかったようです。しかし、天下のも早稲田なんてすごいですね。

ただ、大学に入ってからも才能のある演劇にすすんでいたために中退するのは時間の問題であったようですね。

 

堺雅人は大学時代に早稲田のプリンスと呼ばれるも大学は中退

東大には落ちてしまったものの、早稲田大学に晴れて入学した堺雅人さんは、なんと早稲田では、そのイケメンぶりを発揮してなんと早稲田のプリンスと呼ばれるのですね。

数学はぜんぜんできないような人であったということなんですが、それでも他の勉強はできるということで受かったのが早稲田大学第一文学部なんですね、偏差値も70近くあって、まさに勉強のできるエリートだったのです。

高校時代に演劇の才能に目覚めた堺さんは、当然大学でも演劇をやります。大学の演劇研究会である東京

オレンジに参加し、看板役者としてその才能を遺憾なく発揮します。

演劇での活躍で早稲田のプリンスと呼ばれるようになっていくのです。きっかけは、演劇でプリンスの役をやってからだそうです。

しかし、早稲田のプリンスの名に恥じない活躍で、女性ファンを大量に集めることもできたようです。

一時は、100人以上の女性客を集客したといいうこともあって本当にその活躍はすごかったのですね。

演劇にいれこんだ堺さんは、予想のとおり大学には授業にはほとんど出席せずに、単位をろくにとれもしない状態であったらしいです。そんな状態であったために、大学は3年時に中退してしまうということになってしまいました。もちろん両親はせっかくの上京してまでの大学を中退したことにたいする怒りは相当なものだったようです。その後は何年も親とは疎遠になっていたといいます。

1998年に役者として大手のプロダクションである田辺エージェンシーに所属できるようになったことで役者としての道が開けて、2000年にNHKの朝ドラのオードリーに出演することでやっと親に認められたということなんですね。

全国的な朝ドラということもあって、出身の地元の宮崎でも反響がすごかったようです。

 

ゴスペラーズは早稲田大学の先輩だった、発声練習を一緒にやったこともある

堺さんの進学した早稲田大学には、当然のように有名人がたくさんいますが、堺さんが関わりがあったのが、先輩のゴスペラーズなんです。なんとゴスペラーズと一緒に発声の練習をしていたんですね

ゴスペラーズのリーダーである、村上さんは、演劇をしていた経験もあるということなんです。そんな縁もあってか、関わりがあったすです。

そんなリーダーは堺さんは、いつもにやけた笑顔が気持ち悪かったという冗談交じりの感想を言っていて仲がいいかはわかりませんが、関係があったということはたしかですね。

 

堺雅人の若い頃は、小日向文世と似ている

  引用http://its4free.blog.jp/archives/37596048.htm

なんとこの写真なんですけど、俳優の小日向文世さんなんです、驚きなんですね。世間で言われているようで、本当に堺雅人さんにそっくりです。

それ以上に、小日向さんは、髪の毛がフサフサでなんともイケメンなんですね。

引用Twitter

髪型は違いますが、これは、堺雅人さんなんですが、たしかに似ています。

二人は、実力派の俳優であるという共通点ももちろんありますが、なにか雰囲気さえも似ているのですね。

 

堺正人のまとめ

 

堺雅人さんは、若い頃からかっこよくて、女性にはモテていたということはわかりましたね。

早稲田大学時代は、プリンスと呼ばれて演劇で活躍をしていましたが、なんとも、お金がなくって貧乏生活をしていたということでした。

半沢直樹で大ブレイクするまでには、長い年月がかかりましたが、それまでも、俳優としてのたしかな才能は、あったのですね。

すべては、高校の時に軽い気持ちで入った演劇部での活躍が、堺雅人さんが俳優として成功するきっかけをつくったのですね。

■堺雅人まとめ■
  • 若い頃からイケメンでモテ男
  • 早稲田大学時代プリンスと呼ばれていた
  • 肉食系であった
  • 大学時代は、貧乏でアルバイトばかりだった
  • 高校で演劇部に入って俳優を志した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!