島田紳助と石橋貴明は喧嘩していた、確執の原因はものまね引退会見パロディで激怒!2人の確執とは

なんとお笑い芸人でもビックな2人である石橋貴明さんと島田紳助さんは、よく喧嘩をしてばかりであったということなんですね。島田紳助さんが激怒したというのは引退会見のものまねをされたということなんですけど本当なんでしょうか。しかも1度にとどまらずしょっちゅう喧嘩していたようですね。

とんねるずの石橋貴明さんといえば、バラエティ界の大御所です。そして島田紳助さんは2011年に芸能界を引退した元お笑いタレントです。全盛期に引退をされた事は、皆さんの記憶にもまだあると思います。そんな二人の間になにがあったのでしょうか。

石橋貴明と島田紳助の引退会見ものまねに紳助が激怒した

 

あまり関わりがないようで、接点がなかったように思える二人ですが、かなりの、溝があるということなんですね。

島田紳助さんは、暴力団との関係を認め、2011年に芸能界を引退しました。以前からブ反社とのかかわりなど噂はたくさんあったのですが、突然の引退したということにかなりびっくりされた人も多いと思います。

この時期、島田紳助さんは、さすがに反社会的勢力と関係があったということで引退は仕方ないかもしれませんね。

石橋貴明さんは紳助さんに対してあまりよく思っていなかったということなんですね。お笑い界のライバル同士としての対立という意味もあったのですね。

石橋貴明さんは、おぎやはぎに紳助の番組には出るなと言った

石橋貴明さんは伸介がテレビで活躍しているので大阪の人間が活躍するのを面白く思っていなかったところがあります。東京の芸人が関西の芸人に負け気味なと言うことでもともとビートたけしを尊敬していた石橋貴明によって伸介が活躍するのは面白くなかったのです。おぎやはぎから伸介の番組に出ることを相談されると出なくていいといい北ことです。東西での対抗意識が強すぎて石橋貴明は伸介を敵扱いするような雰囲気になってしまったと言うのもあるかもしれません。

石橋貴明は紳助のオールスター感謝祭で東京03を怒ったものまねをしてバカにした

かつて2009年にオールスター感謝祭で東京03が紳助に対する挨拶がなかったことに激怒したことがあったそうですね。胸ぐらをつかんで脅すように怒ったということなんですね。紳助はそのことを聞いて一緒に石橋と真似した有吉も含めてなめとんかとキレまくったということなんです。

もともと石橋と紳助は仲がよくなかったということなんですね。

すると、直後に東京03と共演した石橋は、やはり3人に対して凄み、「挨拶しろや!」などとネタにしたのだった。それをあとから伝え聞いた紳助は、『あいつら、ホンマにナメとんのか!』とマジギレしていたそうです

二人は犬猿の仲になってしまったわけですね。石橋貴明さんが一方的に敵視していた可能性もあります。

さすがにこれは島田紳助さんがちょっと暴走しすぎた面もあるかもしれませんね確かに挨拶をしないのは良くない行動ですけれども胸元をつかんで恫喝をすると言うのは少しやり過ぎな気がします。お笑い界の大先輩でと言うことでこれではパワハラ同然ですね。

これは島田紳助さんの行動がどうかしていますね。大先輩から潰すぞと言われた後輩は委縮します。権力や圧で人を支配しようとする様子は見ていて気持ちの良いものではありません。しかも生放送の収録中ですし、さすがに社会人としてヤバすぎます。しかも生放送の収録中にやられたと言うことであまりにも度が過ぎた行為ではあったのに違いはありません。ただ面白がってその行為をパロディーにしたりものまねをしたりする石橋貴明さんや有吉さんもどうかしてるかと思います。2018年のオールスター感謝祭のシーエム明けに恫喝しているのを真似をしているのを有吉さんは披露したそうですけれどもあまりにも時間が経っているとは言え紳助さんにとっては失礼な態度をとっていると思いますしかも不謹慎ですね。こんなところにも西と東のお笑い界の亀裂があるのかなと思った。思われてしまいますね。

 

石橋によるものまね引退会見パロディに紳助激怒の電話

2011年の10月に誕生日を石橋貴明さんは迎えましたちょうど50歳ですけども皆さんのおかげですの収録中にサプライズでで誕生日のお祝いをされたようですね。

その時にこんなことをいったようですね。

 

「自分の中ではセーフだと思っていたんですが‥‥。50歳にして引退を決意しました」

なんと島田紳助さんの引退会見の、物まねをやりはじめたのです。これにはさすがに他のタレントさんたちも度肝を抜かれたようですね。しかもほんの2カ月前の出来事でしたので、タブーを犯しているというのを承知の上でやったのでしょうね。

 

いくら嫌いとはいえ少しやり過ぎているのがよくわかりますし、あまりにも当てつけ的なやり方ですね。

石橋貴明が紳助さんのことをかなり嫌っていたということはこのエピソードからもわかるように明白であったようですね。こういう意地悪な笑いを取る手法はまさにとんねるずといったところですね。ただ、人に対して喧嘩を売ったり、ADやスタッフをばかにしたような態度で笑いをとるというのはとんねるずのよくないところであると思いますね。

 

他にも石橋は、紳助の口癖「感動するやん」を揶揄するなど、やりたい放題。引退後はそれが加速した形だ。

石橋さんは、ものまねで(感動するやん)とか紳助の得意のセリフなんかを物まねしたりとか、とにかくいじり芸で紳助をバカにするようなことをやっていあっということなんですね。ここまでやるとさすがにやりすぎなんではないですか。

ただこれこそがとんねるずの芸風であり、これぐらい過激だったからこそ近年は地上波から姿を消しつつあるのかなとか思ったりしますね。こういう芸風についてくるとんねるずのファンが多いのも事実なんです。

当然怒った島田紳助さんは、石橋貴明にクレームをいいます。

石橋貴明さんの携帯電話になんとも直接に電話をかけて文句を言ったという事実があるのですね。

しかし、携帯に直接電話するなんて、番号知ってるのですから実は仲いいのではないかとかおもいますけども、そうではなく、なんと見知らぬ番号から掛かってきたというのです。おそらくは、紳助さんが、芸人仲間から石橋貴明さんの携帯番号を聞き出して電話をしたということが推測されます。

見知らぬ番号から電話が掛かってきて、それが紳助さんだと分かった時の石橋さんはさぞかしビックリしたことでしょう。しかも、お前は、私(紳助)の物まねして調子に乗っているらしいなと言って切れていたということなんですね。

紳助さんが切れるのも当然といえば当然なんですね。ただなぜ、こんなに石橋さんが強気になれるのかというと、紳助さんは芸能人ではなくもはや引退した過去の人だから大丈夫であるという認識があるのでしょうね。

石橋さんはメンタルが強いのか、適当にあしらっていたということなんですけど、紳助さんがきれまくっている様子を、スピーカーモードで通話して、一緒にいたテレビの関係者や芸人仲間に聞こえるようにして通話して見せたということです。

最初はそんなことはありませんよとか言っていたけど、紳助さんは収まる様子はなくヒートアップするだけだったので、収集つかなくなったようですね。石橋さんは、最後にそんな紳助さんに、引退したくせに文句いうなバーーカと言い放って電話を一方的に切ったということなんですが、いかにも石橋貴明さんらしい行動ですね。ただこのような行動を後輩の芸人たちに見せてもいいことはないですね。このような態度の人間についていくとは言い切れませんね。現状の石橋さんといえばテレビの仕事も激減しています。このような癖のある人間性がテレビでの露出を減らした原因であると思われてもしかありませんね。相方の木梨憲武さんがそれなりに活躍している中で、石橋さんは、ユーチューバーとしての活動ばかりになってしまったのにはいろいろな人間的な要素があるかもしれません。しかし、こんな強気なキャラが好きだというファンの人は、ユーチューブで活躍する石橋さんのことを応援し続けているのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。