角田裕毅は、お金持ちで韓国人でない、年収はいくらでお父さんはどんな人

角田裕毅選手は2021年にF1デビューしたばかりのまだまだ新進気鋭の選手でF1バーレーンGPでF1デビューして9位入賞したんですね。

デビュー戦入賞は日本人初という事で話題になっています。

角田裕毅さんの経歴やいままでの生い立ちは、実家がお金持ちであるとか韓国人であるということはたんなる噂であるということがわかりました。

実際のところ父親はどんな人なのかとかがきになりますね、また天下のF1レーサーなんで彼女がいるのかどうかとかもきになりますね。今回はそんな角田裕毅さんの情報をいちはやくお届けしたいと思います。

角田裕毅選手の経歴は

角田裕毅さんは2000年に神奈川県の相模原市に生まれます。そして、初めて車の運転をしたのが4歳の時なんですね、実際にはカートに乗ったのが4歳の時なんですけど、レーサーの経験のあるお父さんの指導の下で初めてカートにのるのですね。そして2007年の6歳の時には、LCAインターナショナルプリスクール卒業したのです。そしてその後はLCA国際小学校に通うにかようのですね。小学校ですから6年間通うことになります。

そして小学校の時にすでに2010年にJAF全日本カート選手権ジュニアクラスへ出場する
のですね、小学校の頃すでにカートですけどレースにでているのですね。

2013年からは、日本大学第3中学校に通います。2013年にJAF地方カート選手権 東地域(FS-125クラス)でシリーズチャンピオンを獲得します、また2015年には、JAF全日本カート選手権(FS-125クラス)では、総合2位(東地域1位)にあるということです。2016年からは、日本大学第三高校に入学します。

そして2017年に和光高校に転校するのですね、その一年後にレッドブルジュニアチームにはいります。2019年には、日本体育大学に入学するのですが、年齢的にいえば現在も大学生なんですね、2020年にはドライバーテストに合格したため、なんとも2021年からF1に参戦しているのです。なんともとんとん拍子といったほうがいいですかね。子供のころからレーサーとして親の教育をうけてきたということで期待どおりに育てられたということなんですね。

現在は、大学生でありながら、世界で20人だけしかいないF1レーサーとして活躍しているということです。

角田裕毅選手のプロフィール

角田裕毅 つのだゆうき
2000年5月11日生まれ
神奈川県出身
日本体育大学在学中
159センチ
53キロ
血液型 AB型
F1ドライバーは体が小さいほうが当然のことながら有利です、車体重量や、空気抵抗を考えてもそうですね。F1の現在のドライバーの中でも角田さんは、一番身長が小さいそうですね。体が小さいということで、F1レーサーとしてはかなりのアドバンテージがあるようですので、一見短所のように見えることでも有利に生かせますね。

角田裕毅つのだゆうきは、韓国人ではありません。

角田裕毅さんは日本人です。純日本人のようですよ。細い目や角ばった顔から韓国系かもしれまないと推測されているようですけど違うようですね。

顔だちが韓国系に似ているというだけで結構間違われているようですね。

角田裕毅の年収は5000万円である

角田裕毅さんの推定年収は50万ドル(約5200万円ということでまだまだF1レーサーとして2年目なので妥当な年棒であるとは思います、これからの活躍で上昇するものであると思われますね。最高の年棒をもらっているのは、ルイス・ハミルトンの3000万ドル(約31億3800万円)ですが、上をみればきりないので十分すごいものであると思われますね。

角田裕毅の彼女はいるかどうかは不明である


角田裕毅さんに彼女がいるかどうかということは確認できませんでした、まだまだ年齢が若いのでいないにしてもすぐにできる可能性がありますね。

世界中を旅しているので忙しくて作る暇もないのかもしれませんね。とはいっても彼女がいるかどうか確認できなかっただけで、実際はいるのかもしれませんね。ネットでだけでの検索ではわかるものではないですね。

角田裕毅つのだゆうきの父親は元レーサーで実家は一般の平均的な家庭であるということを検証してみた

 

角田裕毅選手のお父様の名前は角田信彰さんということなんです。

角田裕毅選手のお父様は若い頃にジムカーナというモータースポーツのいた元レーサーであったということで、父親の指導の下で裕毅選手が実力を開花させたとういうことがわかりますね。このジムカーナーという競技はコース内を1台づつ走ることで、時間を競うスポーツなんです。他の車との接触がない分モータースポーツとしては、参入はそれほど難しくはないとされています。

角田裕毅選手のお父さんは、ジムカーナーという競技で1980年頃から1996年まで活動していたということなので、結構長い間活動されていたようです。結構なベテラン選手であったのではないでしょうか。

 

ただ角田選手のお父さんは、兼業のレーサーであったということで専業ではなかったみたいですね。
ただレーサーとしての遺伝子は受け継がれているみたいですね。

 

角田裕毅選手のお父様の仕事は外国社のボルボの横浜支店で車の販売をしていたということで車が好きなんですね。その後は保険の代理店をやっていたということなんです。

保険の代理店を始めた3年間は研修期間のためにジムカーナーはやすんでいたということです。

角田裕毅のお父さんは実は経営者

角田裕毅選手の父の現在のお仕事ですが、東京海上日動の保険代理店をやっているということなんですね。社長業をしているということになりますね。

取り扱っている保険の種目は、自動車保険、火災保険、傷害保険、生命保険、超保険、など、イメージ的には自動車保険なんてぴったりですね。たんにレーサーつながりですが。

保険代理店の経営者は、年収数千万ぐらいはあるということなんですね、普通のサラリーマンよりも裕福であると言ってもいいかもしれません。さすがF1レーサーの家庭はそれなりにお金がないとダメみたいですね。角田信彰さんは独立してすでに20年近く経っているベテラン経営者ということでそれなりの富裕であるということが伺いしれますね。ジムカーナーでトップレーサーとして活躍しながらもボルボの自動車販売で13年働きとかなりの活発ぶりですね。

その後も保険業ということで営業の能力もあるレーサーであったのですね、角田選手の祖父も保険業をしていたということなのでそのあとを継いだのではないかとも言われていますね。

 

お父さんは。相模原グリーンロータリークラブの会員であるということで地元の有志のような存在感を発揮しているのではないかと思われます。結論としては、一般家庭よりも裕福であると思われますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。