黒木瞳の娘は、いじめ事件で宝塚不合格した、当時のバレエ教室とは

黒木瞳の娘さんは、黒木さんといえば元タカラジェンヌなんで、当然その娘さんも宝塚音楽学校にいれたいと思いますよね、芸能人の親でしたら、子供も自分と同じ道を歩んでもいいのではないかと考えるのはありがちなことなのかもしれませんが、宝塚音楽学校に不合格になってしまいました。当然落ちてしまったので年齢も制限を超えてしまってもう受験することはありません、当然過去のことなんで、その落ちてしまった理由なんですが、なんと中学でいじめ事件を起こしてしまったのが原因のようなんですね。とうぜん、小さいころからバレエを習ったりとか歌の訓練をしたりとかいろんなレッスンを受けてきたものであると考えられますね。

黒木瞳さんは女優業でも活躍をして、電通の社員と結婚するなど順風な人生を歩んでいたにもかかわらず娘さんのことで人生につまずいたのでしょうか。

黒木瞳の娘はいじめ事件を起こして宝塚を不合格にされた

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hitomi Kuroki(@hitomikofficial)がシェアした投稿

黒木瞳さんは宝塚出身であるということは有名ですね、1991年にはご結婚なさって娘さんも生まれました。電通の社員さんであった旦那さんとの結婚なんですけど、天下の電通の社員とご結婚されるということで本当に順風だったんですね。知地俊夫と結婚し、長女である伊知地萌子が生まれました。

2012年8月に私立の青山学院中等部に中等部に通っているときにいじめ事件を起こしたと言うことです女性セブンが報道したのは、3カ月前の5月の下旬だということです。黒木さんのお子さんがリーダー格になってある女子をいじめていたということなんですね。

女子3人と男子が一人のグループで女子生徒を学校内のトイレに追い込んでいじめにおよんだというのだが、なんともいじめの内容がひどいものであったということなんですね。
男子生徒に対して、黒木さんの娘は、逃げ込んだ女子生徒の個室に侵入するように指示を出して、
なんとその個室に入り込んで、衣服を脱がして携帯で撮影したということなんです。
なんともいじめを超えた犯罪のような行為をしてしまっているではないですか。
加害者は、女子4人と男子2人で、その撮影した画像をほかの生徒にも公開してしまっているということでかなり悪質なものであるということなんですね。
某大物女優の娘が主犯格であるということは、黒木瞳の娘であるということは世間にはすぐにばれてしまったということです。いじめというよりは、もはや、半グレの立派な犯罪は成立するのではないでしょうか。
しかも自分では手を下さずに人に指示をして、金銭で男子生徒に犯罪を依頼するなんて恐ろしい世の中になったもんだ。
しかも、学校側が下した処分がまたよくわからない、男子生徒2人は実行犯で当然退学であり、黒木瞳の娘とその他の女子2人は停学処分ですんでしまった。
実際のところは犯罪レベルの行為で停学処分どころではない。しかも、被害者の女の子はなんと、停学処分になってしまっているのですね。
なぜ被害者であるはずの人が停学になっているのか理解に苦しみますね。たしかに3日間に停学処分かもしれませんが、これは理不尽ですね。

学校側の処分は驚くべき内容であると考えてもいいですね。

これだけのことをしていて停学処分ですまされるのであるから黒木瞳の娘側にはなにか裏の取引があったと考えてもいいでしょう。きっと裏で金銭のやりとりがあったのに違いないとか思われてもしかたないのかもしれません。

黒木瞳の娘の事件に対して学校側は生徒や担任にアンケートを実施したが、いじめ事実は存在しなかったと明言しています。週刊誌に書かれたのは、アンケートを実施したのだがいじめの存在はなかったとされています。学校側は退学になった生徒は存在しませんと発表しているようです。どうやら退学になった男子生徒側は、別の学校に転校してしまったということになっているようです。しかもいじめの事件はなかったことになっているとある保護者から聞きとったということです。

だが、この説明に対して保護者側から苦情はないようですね。他の保護者からみれば、自分の子が、エスカレーター進学で青山学院に進学したいと思っているので内部告発してもメリットがないのですね。

 

黒木瞳の娘が宝塚音楽学校に不合格だった理由も、とうぜん犯罪同然の事件があったからこそであると言われていますね。

大物女優の長女は名門A学院中等部に在学中。2年前、同級生にやんちゃを働き問題になった。だがその事件を報じた女性週刊誌等は黒木の“ク”の字も出さなかった。いや、出せなかったのでしょう。

某女性誌記者は、この黒木瞳の娘の事件に関しても、大物女優という表現が多かったと言っているように、黒木瞳の名前が出たことは一度たりともなかったようです。これは黒木瞳の夫が電通の大幹部であるためだろうと各週刊誌が忖度して報道しなかったためであると言われています。

ワイドショーでも取り上げられずしかも、黒木瞳の謝罪会見もなしで、まるで上級国民のごとく事件はうやむやになってしまいました。

 

学校側は、イジメ事件を起こした女子生徒たちにも退学をさせようとしたが、彼女たち被害者と話をしようとトイレで待ち合わせただけ主張したたらしいです。それで停学にしたということなんですが、実際には、寄付金という形で金銭のやりとりがあったということなんですね。保護者の間ではもっぱらの噂になっているということです。

 

黒木瞳さんはなんと3本で手を打ったということです、3000万円ということなんですね。やはりは、国民的な大女優、そのぐらいの金額は軽いもんですね。大物女優黒木瞳の娘とその他、主犯格は高級料理店や医者の娘だというから、やはり私立の名門校は上級国民の子供でるということですね。金銭で解決してしまうというなんとも理不尽な世の中になったもんです。

黒木瞳はそんな娘のことを語ったエピソードが存在するようですね。

 

娘のためにお弁当を作ってあげていたという話をテレビで披露しました。献立は一生けん命考えて旦那さんとお買い物にいったりしていたということなんですね。

ここまでは、なんと大女優も主婦をしているのであるということはわかるのですけど、なんとそんな母にたいし、娘は、学校を卒業しても母親のお弁当は食べ続けていたい、お弁当は卒業しませんとかいう、文章を披露しているのですね。

これには、黒木瞳も涙ぐんで感動エピソードとなったのですが、さすがにヤラセ感がすごいですね。

 

いじめ犯罪を起こした子がしらじらしいにもほどがあります。本当かウソの話わからないが、かなりの悪事をおこした人間が、わざとらしいイメージ操作ですね。

黒木瞳の娘は海外留学で逃亡

 

この投稿をInstagramで見る

 

美ST編集部(@be_story_official)がシェアした投稿

いじめ事件で家では猫かぶって外ではやりたい放題のイメージを持たれてしまう話です。宝塚歌劇団に入団なんか犯罪まがいのことをやってしまっているので無理に決まってますね。本当のところは言えば、娘の萌子さんは、宝塚を受験したかどうかはわからないようですね。

宝塚の受験には年齢制限があり、萌子さんは年齢的に2014年から2017年に入団しなければいけません。その3年間に実は受験したという記録はなかったらしいです。

年齢制限があるということでもう萌子さんは、宝塚にははいることができないということになりますね。しかも事件後の2014年に、宝塚を受験するはずの年齢の時に、彼女は海外に留学したということなんですね。受験してないといいますか、門前払いされたのではないかといわれていますね。

 

某週刊誌の記事によるといじめ報道の黒木瞳さんの娘である伊地知萌子さんは海外留学をするしかなくなっているということなんですね。

そして、おそらくは、慶応ニューヨークという慶應義塾ニューヨーク学院であるということです。ここは、お金さえ積めば入学できる学校であるということなんですね。いわゆる海外留学という名の海外逃亡を実行したということなんですね。

黒木瞳の娘が通っていたバレエ教室,松山バレエ学校は、芸能人の子息だらけで港区南青山にある

 

この投稿をInstagramで見る

 

内山 雅博(@masahirou781223)がシェアした投稿

 

黒木瞳は、萌子さんに宝塚へどうしてもいれてみたいという願望はきっとあったはずです。子供時代の頃から名門のバレエ教室に通わせていたという事実からわかります。

おそらくは、このバレエ教室に通っていたということなんですね。

松山バレエ団松山バレエ学校
住所:〒107-0062 東京都港区南青山3-10-16
電話:03-3401-2548

芸能人や有名実業家などの娘が多く在籍しているということで有名だそうです、こちらのバレエ教室の発表会は、世界最大規模であるということで、一つのバレエ団体で発表会では世界最大の規模であるということです。なんともセレブな芸能人はすごいとこに通わせるのですね。おそらくは、黒木さんが将来の娘の芸能活動や、宝塚歌劇団に入団することに対しての投資だったのであると伺えますね。

しかも黒木さんは、そのバレエ教室でそうとうに子供さんに入れ込んでいて、金銭を使ってのバトルを繰り広げていたということなんです。君島十和子さんの娘さんもバレエ教室に入っていたということで、黒木さんの娘さんとは、子供同士でもライバル関係にあったそうですね。松山バレエ団で年末に開かれる発表会のくるみ割り人形での主役もをこの2人の娘さんで争っていたということなんですが。なんとその子供たちの争いに二人の母親はお金で争ったということなんです。きっと芸能界でもお金を積んでものをいう世界ということなので、子供のことにもお金で解決できるという頭の使い方だったのでしょうね。松山バレエ団の発表会は有料であるということで、この2人の母親は、チケットを買ってしかも何十万もの分を買い占めてばらまいたというのです。なんと下品極まりないです。

チケットを数十万分も購入することで、自分たちの娘が主役になれるようにしようとしたということなんです

しかし、あまりに異常なんでバレエ教室は「くるみ割り人形」の主役を二人にして、それぞれの娘を主役にするという異常事態が発生したとのことです。当然のことながら、黒木さんと君島さんはその後も仲が悪いということなんですね。

 

子供のころから娘さんにお金を利用して働きかけるということをしているので、まともな子供に育つはずはないです。お金の力にものをいわせて丸め込むようなことをしているせいで、子供が犯罪まがいのいじめを起こしてしまった、親の行動そのものが、間違った教育を引き起こし、よからぬ道に子供が進んでしまったとしかいいようがないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。