椎名林檎の子供の時から天才のアーティストだったことが判明

椎名林檎さんといえば、東京オリンピックなどでもおなじみの日本を代表するようなあーティストですね、とうぜんそんな天才肌の人にも子ども時代はあります。

こんな人は子供のころから絶対に天才であったのでしょうと思いますが、実際のところはどうだったんでしょうかね。

他にはマネのできない世界感を持っていてすごい不思議な世界感を持っていますね。

なんとも日本的なんですけどセクシーな雰囲気をもっていますね、またすごい色気を持っていますけど、ただモノではない雰囲気ですね。子供の頃に病気をかかっててそういう経験も含めて天才的な世界を作ったのではないかと考えられますね。

 

椎名林檎の子供は先天性の難病を経験した

椎名林檎さんの子供時代にあった大きな出来事として、先天性の病気を持っていたことが挙げられます。病名は先天性食道閉鎖症という難病なんですね。

なんと食道が切れてるという病気なんです、赤ちゃんの頃におこるそうなんですけど怖いですね。

栄養を思うようにとれないので重病であると思いますけど、子供の頃に大変な思いをされていたんですね。

食道が途中で途切れていてミルクが飲めないという症状で、赤ちゃんに起こる病気です。

食道閉鎖の治療は、小児外科を代表する手術の一つです。

椎名林檎の子供時代では、結構な難病だったんで、緊急手術で大変だったということです、新宿の慶応大学病院というところでみてもらったそうですね。それだけ大変な目にあっているので、後に後遺症が残っているということなんですけど、そんなことは一切感じさせないようなパフォーマンスを見せているのがすごいですね。

椎名林檎という名前の由来は何

椎名林檎というのは、特徴のある名前なのでとてもじゃないですが、本名とは思えないですね。

林檎というのは、もともとは子供のころのあだ名だったんですね。では、なぜ林檎という名前なのでしょうか。子供時代に、とてもシャイだったんで、恥ずかしがりやで赤面症だったんですね。当然顔が赤くなることが多いということで林檎みたいだと言われて

いたんですね。そこから、芸名である林檎になったんですね。

芸能人として活躍している林檎さんなんですけど、子供の頃はなんと恥ずかしがりやだったんですね。

でもミュージシャンになって人前で歌えるようになったのはすごいことですね

椎名林檎さんは、子供の頃ガラガラ声であった,それを気にしていた

声が、ハスキーであるのは、有名なんですが子供時代はその声があまりにもガラガラで、気にしていたと言うことなんですね

そのためあまり喋ることがない子どもだったということです。

ハスキーな高音でかっこいボーカルというようなイメージのある椎名林檎さんなんですけど、今のような、奇抜なアーティストというような感じはなかったということなんですね。今の林檎さんとは考えられないような大人しい子供さんだったようです。

よくPVで見せているようなガラスを割っているような子供では決してなかったということなんですね。自分のことが好きではないというような子供が、今現在では、まるでナルシストのような恰好で音楽をやっているなんて想像できなかったのではないでしょうか。自分の声がコンプレックスだった人が、大きくなって自分の声を売りにして、そのコンプレックを逆手にとってポイントにして歌手として成功しているなんてすごいですね。コンプレックスを持っている子供からすれば夢のあるお話ですね。

椎名林檎は4歳の時に音楽と出会った、実家はお金持ちである

椎名林檎さんは、なんと子供の頃はピアノをやっていたのですね、歌は、やっぱり自分の声がコンプレックスだったみたいで、好きではなかったみたいですね。

ピアノやバレエをやっていたということで、見事に上品な子供だったのでしょうね。 

なんともハイソな習い事なんできっと高貴なお金持ちの家だったのではないかと思われますね。ドビュッシーのピアノ曲、交響曲やバレエの音楽が好きな子供だったということで、なんとも驚きですね、ショパンのワルツなんかも好きだったということでなんとも大人顔負けの子供時代だったんですね。

4歳の時から始めたピアノがそもそも、林檎さんの音楽の出会いであったようですね。なんと4歳の頃からピアノを弾いていたというから、ここからも林檎さんの実家がお金持ちだったということが推測されますね。経済的に豊かな家庭に生まれたということも今の椎名林檎さんのようなすごい歌手が生まれたという一因になっていると思われます。

やはり、家庭環境が良かったというのは、その後の人間の人生を決めてしまうのですね。

椎名林檎は学生時代は音楽に夢中だった、中高時代は、音楽とバイトに明け暮れていた。卒アル写真アリ

椎名林檎さんといえば、なんだか不思議な感じが、しますね日本的な古風な感じもするんですけど、なんか無国籍な感じもして本当に不思議な感じのする人なんですね。そんな椎名林檎さんの卒アルの写真があるんですね。中学の卒アルなんですけど、本当に

素朴な感じですね、活発な感じはしますけどそこまでヤンキー的でもギャル的でもなくごく普通の活発な子というようなイメージですね。椎名裕美子が本名なんですね。

お父さんは外資系企業に勤めていたということでやはりお金持ちであったということなんですね。

2歳から10歳までは静岡県の清水市にすんでいたということなんですね。その後は、お父さんの転勤もあったので福岡県に移住したということなんですね。福岡市の早良区というところにいたということなんですけど、子供の頃は転勤族の親で結構転校していたのでしょうか。

椎名林檎の福岡市立百道中学校出身

椎名林檎さんの福岡での出身中学は、 福岡市立百道中学校なんですね。お父さんは外事系企業で転勤族だったということなんですけど、この学校は比較的に金持ちの家の人が集まる学校だったということなんですね。

福岡の西新の音楽教室に通っていたということなんですね。子供のころからバレエやピアノをやっていたので音楽にはもう基本ができていたということなんですね。

なんと渋いことに小学校時代に渡辺貞夫ナベサダを聞いていたということなんですね。サックスを小学校のころからやっていたのでしょうかね。ただ、普通の小学生ぽいのは、風の谷のナウシカが好きだったということでこれは、安心できますね。

あと小学生なのにビリージョエルがすきだったということです、これは、実際のところは推測なんですけど、お父さんの影響もあるのではないかと思われますね。

そして現在の林檎さんのようなバンドをしているアーテイストのルーツはどこにうあったのかという疑問なんですけど、中学校のころに、初めてバンドをやりはじめたのです。学園祭に出るためにバンドを始めたということなんですけど、これが今の林檎さんの原型になったのであはないかと思われますね。

しかも学校内だけでバンドをやっていたのでなく、学校外でもバンドの活動をやっていたということなんですね。しかも20種類以上の楽器を掛け持ちしていたということで天才的な音楽の才能があったということなんですね。

 

椎名林檎は兄の影響で洋楽も聴き始めた

 

椎名林檎さんといえば、お兄さんも、ミュージシャンで有名人です。椎名純平さんですね。

中学生はモータウン。ソウル・トレイン少女になっちゃうんですよね。フェイバリットはマーヴィン・ゲイ。

なんて、すごい音楽通なんですね、もちろんこれは兄の影響なんです、お兄さんの影響で、日本の音楽を全く聞かなくなったとまで発言されているとのことです。それまで、日本人の歌が大好きだったにもかかわらずお兄さんの影響で何とも外国かぶれになってしまったのですね。

椎名林檎さんは、本当に周りの影響によって出来上がった人間なんですね、椎名林檎さんだけではないかもしれませんけど、人間というのは本当に周りの環境によって作られてしまうというのはよくある話なんですね。

椎名林檎の出身高は、福岡県立筑前高校で軽音楽部に所属、楽曲制作をしていた

高校は中退しているんですが、福岡県立筑前高校という進学校に通っていたんです、60以上の偏差値を誇る名門高ということで、勉強もできるということなんです。

高校時代はマライアキャリーにはまっていたということなんですね。椎名純平さんが、慶應大学卒ということで、学歴は結構なものがありますね。お兄さんの純平さんは、城南高校から慶応大学ということで、家族で頭がいいというのはわかりますね。

お父さんが結構な学歴があるエリートサラリーマンなんできっと頭がいい家系なんでしょうね。

高校一年次には、ホリプロスカウトキャラバンに出たということなんですね、ミュージシャンになるつもりで芸能界にはいろうとしたということなんで、アイドルオーデションであることは知らないと言ってるんです。ただこれはさすがに嘘でしょう、アイドルにも興味があったのか芸能界にはいるための手段としてオーデションをうけたんでしょう。
1995年の高校2年生の時に第9回 TEEN’S MUSIC FESTIVALというコンテストに出場してグループ名がMarvelous Marbleボーカルアンドギタリストとしてなんと、地区大会で1位になります、奨励賞の受賞しましたが、グランプリは、なんとミュジシャンのaikoさんだったのです。

こういうコンテストはやはり将来のビッグな人間が参加するのですね、林檎さんやaikoさんのような才能の塊のような人間が揃うっていうのはすごいですね。

椎名林檎さんはその後もaikoさんのこの時のことを忘れてはいないようですね。一生忘れませんとまで言っているということです。

その後椎名林檎さんは、高校2年の3学期の終わりに学校を辞めてしまいます、中退ということですね。音楽に専念するために中退という結果になってしまったのですけど、音楽活動を続けていくためにはしかたないのかもしれませんね。

椎名林檎の高校中退後は、音楽活動に専念

先ほどのコンテストになんと次の年も参加した椎名林檎さんは、ソロ活動をすることを勧められるのでした、そしてついに、椎名林檎として、シングル ここでキスしてを生み出すのです、シングルリリースする前なんですけどこの時に出来上がっていあたようですね。

このコンテストでは優秀賞を受賞しますけど、aikoさんも同時に優秀賞を受賞します、またも同じ大会に出場していたのですね。その後に椎名林檎としてデビューすることになるのですけど、その前にイギリスにホームステイをしてから自分探しを2カ月してからだったようです、一説によるとスタッフとの衝突のためにすぐにデビューしなかったいうことなんですね。

椎名林檎は高校時代はアニメが好き

 

この投稿をInstagramで見る

 

椎名林檎(@417rs)がシェアした投稿

椎名林檎さんは、アニメの昭和元禄落語心中の主題歌をプロデューサーとして薄ら氷心中」を手掛けました、声優の林原めぐみさんの歌でした。

高校時代以前からの無類のアニメ好きとしてこのようなコメントもしています。

「その七色の声に触れられるなど、作家として夢のまた夢」
「高校生時分の椎名林檎に知らせてやりたい」

アニメの主題歌をプロデュースするのは念願だったのかもしれませんね。

椎名林檎の学生時代はピザ屋と警備員のバイトしていた

 

この投稿をInstagramで見る

 

椎名林檎(@417rs)がシェアした投稿

高校時代、そして高校中退後にはアルバイトをしながら音楽活動をしていたということんなんですね、家がお金もちだからバイトなんかしたことないとか思う人もいるかもしれませんね。しかし、自分で音楽の道を進むことを決めた彼女は、デモテープを送る日々を過ごしていたということなんですね。腹が座ってますね。

その後高校を中退したらすぐにレコード会社からお声がかかったので才能があったのですね。

「ピザ屋の彼女になってみたい」という歌詞が丸の内サディスティックにありますけありますけれども、彼女が実際にピザのバイトをしていたからこその歌詞だそうですね。

ピザ屋のほかには警備のバイトもしていたということなんですね、意外に苦労人なのかもしれませんね。

椎名林檎の上京後には渋谷のレコード屋でバイトしていた。

ピザ屋だったり女王様とか言う歌詞がたびたび歌の中に出てくるのは、椎名林檎さんの経験に基づいているんですね、歌舞伎町の女王という楽曲は彼女がSMの女王をやらないかとかスカウトされたことがあるということなんですね。恐そうな冷たい表情の彼女にぴったりだと思うんですけど、実際にはやってないみたいですね。

若い頃のバイト経験もきちんと曲に反映されていることなんかすごいですね。実生活もきちんと自身の音楽に反映されていることが伺い知れますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。